舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『カンフー・パンダ』(Kung Fu Panda)を観た。
映画『シュレック』、『マダガスカル』などのシリーズなどに続く、
ドリームワークス社の最新作ですね。
ちょっと皮肉っぽいひねりがある笑いと小ネタがいっぱいだった『シュレック』や、
どことなくブラックな笑いが入っている『マダガスカル』と比較して、
今回の作品は、実にシンプルで分かりやすく、親しみやすい作品になっている。
パンダなのに、やがてはカンフーのヒーローになるパンダのポーの設定がいい。
カンフーパンダ7
そして、マスターファイブの動物たちが披露するカンフーの型は、
それなりにリアルだ。
制作の段階で、モーションキャプチャーも一切使用しておらず、
すべてCGによる作画というから驚きだ。

とにかく
「虎拳」「猿拳」「鶴拳」「蛇拳」「蟷螂拳」「豹拳」と、
使い手の動物たちに合わせた本格的なカンフー技は見応えがあった。
カンフーパンダ14
そんな優れたCG技術の上に、
上品な絵柄が素晴らしい。
特に、聖なる桃の木あるカンフーの聖地の描き方は、
アクションとは別に、
中国の文化、その精神性に対する敬意なども感じられるような美しさだった。
ちなみに、アニメーションを担当したスタッフたちは、
実際のカンフーの型や動きのメカニズムを理解するため、
太極拳のクラスやカンフー教室に実際に通ったのだそうだ。
またさらに、スタッフたちは1970年代から1980年代の香港カンフー映画から、
最新のアジア映画まで研究し尽くしていたという。
制作時間は、およそ4年6か月。
制作スタッフ総勢448人が、
全力で取り組んだ結晶、それが『カンフー・パンダ』だ。
カンフーパンダ12
これまで自主制作映画が多く、初めてハリウッドの大作を手がけたオズボーン監督は、
インタビューで、自主制作映画との違いについてこう語っている。
「一番の違いは、才能のある多くの人たちと一緒に仕事をするということでした。
みんなそれぞれが映画のことを真剣に考えている。
そういう人たちと気持ちをひとつにしなければいけなかったんです。
"この映画をみんなで作るんだ"、
"いい映画を作るんだ"と、
みんなに信じさせることが大切だと感じました。
またそういった協力体制を一貫させて、
継続させていくことが重要なんです。それが大変でした。」

今回の『カンフーパンダ』のテーマは、「信じること、それは奇跡を起こすこと」。
それが、実際の制作現場においても同じタイプの奇跡を
監督は引き起こそうとしていたようだ。

今回の作品の内容はシンプルではあるものの、
脚本のつくりが非常に良いように思える。
カンフーパンダ3
-----------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ

中国の奥深くにある“平和の谷”には、一つの伝説があった。
翡翠城の奥に眠る「龍の巻物」の奥義を得た者は、
史上最強の龍の戦士になれるという。
パンダのポーは、父のラーメン屋を手伝いながら、
カンフーマスターに強い憧れを抱いているいわばカンフーおたく。
しかも、食いしん坊で不器用なパンダのポーにとって、
カンフーは縁遠い存在。
そんなポーが、
偶然にも?、伝説のカンフー戦士“ドラゴン・ウォリアー(龍の戦士)”
に指名されてしまう。
伝説を信じるパンダのポーは、
ぶよぶよのメタボ腹に加えて運動神経はゼロ、
師匠であるシーフーも、
最初は彼が伝説の戦士になれるとは全く信じていなかった。
さらに、厳しい訓練を開始しても、
そのダメダメぶりにあきれかえるマスターファイブの面々。

そんなある日、
平和の谷に危機が訪れる。
極悪カンフー戦士のタイ・ランが刑務所を脱獄し、
龍の巻物を狙って谷に向かっているというのだ。
タイ・ランは、かつてはシーフーの弟子であり、
息子のように愛されてきた男だった。
しかし、
「龍の戦士」に指名されなかった無念さから、
破壊衝動に身を任せ、憎悪と復讐だけの存在と化してしまっていた。
マスターファイブたちが束になってかかっても、打ち倒せない強敵タイ・ラン。
迫り来る脅威。
あのぐうたらのポーは、
真の龍の戦士となり、タイ・ランを倒すことができるのか?
----------------------------------------------------------------------------
カンフーパンダ6
この脚本の中で、
カンフーの聖地で語られるシーフー老師(ダスティン・ホフマン)と
ウーグウェイ導師(ランダル・ダク・キム)との会話がいい。
指導者として、
相手である弟子の可能性を「信じる」ということの重さを知っているウーグウェイ導師と、
過去に弟子を「信じ、見抜くこと」ができなかったシーフー老師との対比。

風に流され舞い散る桃の花びらは、美しく、
高い境地がそこにあることを映像で表現してくれた。

やがてシーフー老師は、ウーグウェイ導師の言葉を信じ、
一見ダメダメに見えるポーの中にある長所を拠り所として、訓練に向かう。
ポーの食い意地の汚さ、その短所とも思える部分にこそ、
長所の芽が隠れていたというのが、なかなか良い。

そして、無限のパワーを与えるはずの奥義が書かれた秘伝書「龍の巻物」が、
実は白紙だったという、ありがちではあるけれど、それが実にいい。
その白紙ということの意味が、
かつての指導者であったシーフー老師を憎み、他に力の源を求めたタイ・ランと
鈍くさくて不器用でも、自分の内側にある可能性を信じて戦った主人公ポーとの
見事な対比構造につながって行く。
カンフーパンダ10
「自分を信じること」
「心の内側にある真の自分に辿り着くために、素直にひたむきに生きること」
そんなメッセージが格闘シーンの中でさえもシンプルに描かれていた。
成功とは、
本来の自分であることに満足できる素晴らしい機会を得られることであり、
誰もが自分自身の個性を最高のものに伸ばすことができるのだと。
アクションと笑いの中から、充分にその思いが客席に伝わってきていた。

食いしん坊で、ぐうたらでまるまるしたパンダのポーが、
カンフー・マスターである“龍の戦士”に選ばれ、
厳しい訓練の末に、強くたくましく成長していく物語。
それは、
「ヒーローは自分の内側に存在している」という物語とも言える。

未来のある子供たちと、
自信をなくしている大人たちに、ぜひ観てもらいたい作品だ。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
カンフーパンダ8
-----------------------------------------------------------------------------
■ 声優(オリジナル版と日本語版)

ポー:ジャック・ブラック 、山口達也
シーフー老師:ダスティン・ホフマン、笹野高史
マスター・タイガー:アンジェリーナ・ジョリー、木村佳乃
タイ・ラン:イアン・マクシェーン、中尾彬
マスター・モンキー:ジャッキー・チェン、石丸博也
マスター・カマキリ:セス・ローゲン、桐本琢也
マスター・ヘビ:ルーシー・リュー、Megumi
マスター・ツル:デヴィッド・クロス、真殿光昭
ウーグウェイ導師:ランダル・ダク・キム、富田耕生
-----------------------------------------------------------------------------
■ やたらと詳しい英語版のあらすじ
Po (Jack Black) is a panda who works in a noodle restaurant owned by his goose father
Mr. Ping (James Hong). He is a kung fu fanatic with secret dreams of becoming
a great master in the discipline, however his weight and clumsiness seem to make
his goal unattainable;
Mr. Ping hopes instead that Po will one day take over the restaurant, and waits for
the perfect opportunity to disclose the secret ingredient to his family's noodle recipe.

The tortoise Master Oogway (Randall Duk Kim) has a premonition that the evil snow leopard
warrior Tai Lung (Ian McShane), the former student of his own protégé, the red panda Master
Shifu (Dustin Hoffman), will escape from prison and return to threaten the Valley of Peace.
While Shifu sends Zeng (Dan Fogler), a messenger goose, to Chorh-Gom Prison to have
the security increased, Oogway orders a formal ceremony to choose the mighty Dragon Warrior who can defeat Tai Lung. Everyone assumes that one of the Furious Five
— Tigress (Angelina Jolie), Monkey (Jackie Chan), Mantis (Seth Rogen), Viper (Lucy Liu),
and Crane (David Cross) — a quintet of supremely skilled martial artists trained by Shifu,
will be chosen for this honor.

While the Five demonstrate their skills at the ceremony, Po arrives too late and finds himself
locked outside the walled palace square. As a last-ditch attempt to get in, he ties several
fireworks to a chair and ignites them, which sends him crashing into the center of the arena.
Inspired by this sudden appearance, Oogway designates Po the Dragon Warrior.
Despite Po's protests and Shifu's pleas to reconsider, Oogway stands by his decision.

Revolted at having Po under his tutelage, Shifu attempts to make him quit by berating and
humiliating him. The Five similarly dismiss Po as a worthless interloper. Although he becomes
aware of Shifu's true intentions and is deeply hurt by his heroes' disdain for him, Po endures
their abuse willingly for the dream to become something more than the failure he thinks he is. Master Oogway, still certain that Po is the right choice, gives him sage advice to believe in
himself. Eventually, Po endears himself to the Five (except for Tigress) with his tenacity,
good cooking, and sense of humor. At this time Tigress reveals to Po how Tai Lung came to be so evil. Shifu raised him from a cub and treated him like a son. When Oogway refused to make
Tai Lung the Dragon Warrior, he became enraged and laid waste to the Valley.
He then tried to take the dragon scroll. Shifu tried to stop him, but could not bear
to destroy what he had created. Tai Lung was defeated by Master Oogway and imprisoned.
Tigress ends her story by saying that Shifu loved Tai Lung like he never had before, or since.
カンフーパンダ2
Meanwhile, Zeng's errand backfires when a tour of the prison given to him by the overly
confident head of security, Commander Vachir (Michael Clarke Duncan), inadvertently
enables Tai Lung to escape. Tai Lung orders Zeng to send word of his arrival to Shifu.
In the Valley of Peace, Oogway passes away and ascends to the heavens, leaving his final wish
that Shifu train Po. However, upon learning of Tai Lung's return, and realizing that he has to
face the evil warrior, Po attempts to flee. Shifu stops the panda and promises to train him
if he is truly destined to be the Dragon Warrior. When Po confesses his belief that he may
never be a match for Tai Lung, Shifu is at a loss for a solution. Overhearing this argument,
Tigress takes it upon herself to intercept Tai Lung, and the rest of The Five follow her
to assist. The following morning, Shifu discovers that Po is capable of impressive physical
feats when motivated by food. He leads Po to the countryside for an intensive training regime
in which Po is offered food as a reward for learning his lessons. As Shifu hopes,
Po swiftly becomes a skilled combatant.

The Five battle Tai Lung but are eventually defeated with a specialized nerve-striking
technique, and they retreat to the valley. When they return, Shifu decides Po is ready
to face the villain and gives him the sacred Dragon Scroll, which promises great power to
the possessor. When Po opens it, he finds nothing but a blank reflective surface. Stricken
with despair at the scroll's apparent worthlessness, Shifu orders his students to lead
the villagers to safety while he stays to delay Tai Lung for as long as he can.

As Po participates in the evacuation, he meets his father, who tries to cheer him up by
telling him the secret ingredient of the family's noodle soup: nothing.
Things become special, he explains, because people believe them to be special. Realizing that is the very point of the Dragon Scroll, Po rushes off to help Shifu. At this time,
Tai Lung arrives at the palace. He blames Shifu for not granting him the title of
Dragon Warrior just because Master Oogway did not choose him, and the two begin to fight.
For his part, Shifu is crippled by his profound feelings of guilt and responsibility for his
former protégé, whom he loved and raised like a son, turning to darkness.
カンフーパン4

When Tai Lung discovers that the Dragon Scroll is gone, he attempts to kill Shifu in anger.
But before he can, Po finally arrives and challenges him. Although Tai Lung scoffs at
Po's abilities, the ensuing fight proves Po to be a formidable opponent. Despite Po's skill,
Tai Lung temporarily stuns him and gains the Dragon Scroll, but is unable to understand its
symbolism. Po tries to explain the wisdom of the scroll to Tai Lung, but the frustrated
leopard tries to subdue Po with his nerve strikes. The attack proves useless on the panda,
as his nerves are difficult to find due to his body fat. Emboldened, Po counter-attacks with
an improvised combat style that takes advantage of his girth to absorb and deflect
the force from Tai Lung's attacks back at him. In the end, Po uses the Wuxi Finger Hold
on Tai Lung (a technique Shifu had previously threatened to use on Po), destroying him
in a large explosion of golden light that ripples through the valley.

The Five return to the valley to investigate and find a slightly dazed but triumphant Po.
Deeply impressed by Po's victory, Tigress leads the Five to acknowledge him
as a Kung Fu master. Po suddenly remembers that his teacher is badly wounded,
and rushes back to Shifu. At first the master appears to be dying, and Po panics.
But it turns out that he is only resting after such a terrible battle with Tai Lung.

At the end of the credits,
Shifu and Po are seen eating together by the sacred peach tree.
A peach seed planted by Shifu before Oogway's passing has sprouted into a new plant.
-----------------------------------------------------------------------------
カンフーパンダ9

スポンサーサイト
男は、鞘の浦の海を見つめながら、
ひたすら自分を追い込んでいた。
ふだんの愛想のいい笑顔は消え、
男は、不機嫌きわまりない表情で、
タバコの煙をくゆらせていた。
物作りの本質になるイメージを決める最初のステップ、
焦り、不安…、頭の中に去来するさまざまに分岐するまだ見ぬ物語、
新作「崖の上のポニョ」のイメージを固める孤独な作業…。
今なお最前線で原作、脚本、監督をこなす67才、宮崎駿。
崖の上のポニョ2
かつて、
2ヶ月間滞在したことのある瀬戸内海の福山市鞆の浦のそばにある知人の家に、
再び、2006年の夏にたった一人でこもり、
必死に自分を追い込んでいる姿が放送されていた。
NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀:宮崎駿SP」
(2007年3月27日放送)での一コマだ。
新しい何かを生み出さなくてはならない瀬戸際に置かれて、
形振り構わない宮崎さんの厳しい表情がいい。
それにしても、
2004年の『ハウルの動く城』からもう4年の歳月が流れた。
「紙に描いて動かすのがアニメーションの根源。そこに戻ろうと思う。
もう一遍、自分たちでオールを漕ぎ、風に帆を上げて海を渡る。
とにかく鉛筆で描く」という宮崎さんの方針のもと、
古くて新しい表現を模索しながら、
101分の作品はついに完成した。
崖の上のポニョ1
「精度を上げた爛熟から素朴へ、素朴なアニメーションに舵を切りたい。」
というそのために、
100名を越えるアニメーターたちがアニメーション作業をする前に行う、
監督の準備。
その段階で、すでに途方もない仕事だったのではないかと思う。
核となるイメージボード約50枚の制作と、
基本的な脚本のイメージを考える果てしのない長い長い道のり。
「プロフェッショナル 宮崎駿SP」での映像を改めてチェックしてみると、
これは実に興味深い。(youtubeでも見ることが可能です)
2006年の5月段階で、
例えば、オープニングのシーンについては、
観客からすると物語に馴染みやすい「宗介側の視点」から入るのがいいか、
違和感を観客に与えがちなポニョのいる「海の底のシーン」からがいいか?
と宮崎さんは悩み続けていたのも印象的だった。
もちろん映画は完成しているので、結論はでているわけで、
結局、あれほどリスキーと言っていた「海のシーン」から、美しくスタートしていた。
実に宮崎さんらしい選択の仕方だと思う。
崖の上のポニョ10
また、完成した映画では、
主人公の少女ポニョが一途な想いを募らせて、
荒れ狂う波の上を全速力で走って走って跳躍し、
どこまでも少年を追いかける場面が、
かなりインパクトの強いシーンとなって描かれている。
そんな場面も、
すでに2年前の宮崎さんのイメージボードの一つとして存在していた。
妖怪めいた不気味なポニョが、激しく逆巻く荒波の頂点に立っている1枚の絵。
宮崎さんは「ポニョ来る」と題して、壁に貼ってニヤニヤしていた。
と同時、スタッフに「どうやって描いていいかわからないだろ?(笑)
でも、この映画の本質はこの1枚にある。」と語っていた。
とりあえず、
イメージする力を長年に渡って鍛え上げてきた男の優れた感覚というところだろうか。
というわけで、宮崎さんから観客へのメッセージを載せておきます。
-----------------------------------------------------------------------------
■宮崎駿さんからのメッセージ

海辺の小さな町、
海に棲むさかなの子ポニョが、
人間の宗介と一緒に生きたいと
我儘をつらぬき通す物語。
同時に、5才の宗介が
約束を守りぬく物語でもある。
アンデルセンの「人魚姫」を
今日の日本に舞台を移し、
キリスト教色を払拭して、
幼い子供達の愛と冒険を描く。
海辺の小さな町と崖の上の一軒家。
少ない登場人物。
いきもののような海。
魔法が平然と姿を現す世界。
誰もが意識下深くに持つ内なる海と、
波立つ外なる海洋が通じあう。
そのために、空間をデフォルメし、
絵柄を大胆にデフォルメして、
海を背景ではなく
主要な登場人物としてアニメートする。
少年と少女、愛と責任、海と生命、
これ等初源に属するものをためらわずに描いて、
神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである。
---------------------------------------------------------------
崖の上のポニョ3
映画をご覧になった方は、きっとお分かりだと思うが、
子供にとっては、
相変わらずワクワクさせるような素敵なファンタジーに仕上がっている。
そして、大人にとっては、
そこに描かれている内容には、
ある種のシンボリックで対比的な比喩がちりばめられているような作品になっている。
(でも、ちょっと露骨なのかもしれない。)

たとえば、象徴的なセリフとして、
ポニョの「宗介、好き!」と宗介の「ぼくが守ってあげるね」は、
ポニョの「愛」と宗介の「責任」のメタファー

老人施設と隣り合わせの保育所という設定も、
老いのため死に近い老婆たちと生まれて間もない子供たちということで、
「死」と「生」のシンボルだし、

美しい海底とゴミの海、
海と地上、
無垢な自然と汚れた人間の行為、
「純粋な自然」と「不純な人工」とのベタベタな比喩でもある。

ポニョの一種の進化の仕方は
人面魚→鳥ともつかぬ妖怪的な姿→人間になり、
その上、しだいに「母性」を学ぶ方向へ描かれる。
また同じく、母親のリサと海のグランマンマーレは当然ながら、母性の象徴。
そして、
宗介がポニョと一緒に、水没した街をポンポン船に乗って、
母であるリサを探しに行くシーンなどは非常にシンボリックだ。
二人は、手漕ぎの船に乗った赤ちゃんを抱えた若夫婦に出会う。
ポニョが赤ちゃんにと差し出したスープを、母親が代わりに飲んでしまうくだりが、
かなり意図的なシーンとなっている。
母が飲んだスープがやがて乳となって、
赤ちゃんを生かすという命の流れみたいなものを教えさとす部分に使われている。
崖の上のポニョ5
ついでに、これは邪推かもしれないが、
いつも家を不在にすることが多い内航貨物船の船長である父の耕一は、
アニメの仕事に没頭して、
家庭をかえりみなかった宮崎駿さん本人の象徴のようにも感じられる。
そうなると、宗介については、
息子の宮崎吾朗さんのイメージも重ねているのかと思ってしまう。
ただ、『崖の上のポニョ』の制作開始当時は、
ちょうど父の駿氏の反対に逆らって監督をした吾朗さんの『ゲド戦記』が
アップした時でもあり、父子の関係が最悪であったことを踏まえて考えると複雑な気分になる。
崖の上のポニョ4
そんな比喩やらメタファーなどは、言い始めたらきりがない。
そこには、やっぱり宮崎さんの年齢が67才になってきていることが、
それなりの影響を与えているのではないかと思う。
もともと老婆好き?で、数々の作品の脇役として配置してきたけれども、
最近、「ハウルの城」などでもそうだが、
しだいに年老いた者の視点に比重がかかってきているようにも思える。
さらに、
ジブリお得意の「空を飛ぶ」シーンは一切出さず、
これまで避けてきた波の表現を手書きで行うという方向にチャレンジした。
これだけでも、相当恐ろしいことではある。
とにかく大人が真剣にやり遂げて、本当に素敵な作品になった。

ただ、難を言うなら、
ポニョの父であるフジモト(所ジョージ)の設定の説明が弱いために、
物語本体の世界観が不透明になってしまっているということだ。
そういう意味では、物語としてちょっと安易というか、中途半端な部分を残してしまった。

そうは言っても、
2年前、鞘の浦の海を見つめていた男の頭脳に、
今回のイメージ豊かな『崖の上のポニョ』のほとんどのシーンがあったと思うと、
あらためて宮崎駿という男の凄みを感じてしまう。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
崖の上のポニョ8

「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」を観てしまった。

マンガとして、一般的にも長きに渡って浸透してしまっているものを、
実写化するというのはずいぶんと勇気と智恵がいることなのだろう。
それでも第1作で恐る恐るやっていた「鬼太郎ワールド」作りが、
2作目になって、ちょっと自信をもって進化してきたような感じもする。
CGの部分も前作より、豊かになり、鮮やかだし、
脇役陣もそつなくこなれてきているようにも見える。
そんなわけで、主役のウエンツ瑛士君も伸び伸び演技をしていた。
コミケでのコスプレを鑑賞するような感じで、
そのキャラクターは誰がやっているのかと観るのも楽しみ方のひとつだろうとは思う。
ゲゲゲの鬼太郎

たとえば、レギュラーメンバーからはじめると、
劇中で猫ダンスもサービスし、身を挺して鬼太郎を守る猫娘→田中麗奈
見ているだけで、異臭さえ感じさせるねずみ男→大泉洋
まるで近所の口うるさいオバハンのような砂かけ婆→室井滋
いまいち設定よくわからないメークのしすぎな蛇骨婆→佐野史郎
冷酷な殺し屋タイプの妖怪夜叉→韓国俳優ソ・ジソブ
全ての黒幕である総大将のぬらりひょん→緒形拳
さらに、
「ぬりかべ」や「いったん木綿」の声優は誰かとか、
「ほしのあき」やら「ショコタン」のコスプレはどうだとか
そのスジのファンなら、
物語の内容そっちのけで、その部分だけで楽しめるのではないだろうか。
とにかくサービスは盛りだくさんではある。
ゲゲゲの鬼太郎2

とりあえず、
このストーリーをものすごく短く要約して書くと、
「かごめ歌」の 呪いをかけられた楓(北乃きい)を挟んで鬼太郎と仲間たちが、
ぬらりひょんやその手下たちと闘う物語。

脚本家担当は、沢村光彦さんで、オリジナルの作品だ。
確かに、シンプルで分かり易く、
ねずみ男は相変わらずおかしいし、
猫娘、砂かけ婆、子なき爺といった鬼太郎の仲間たちの見せ場も、
それなりに用意してある展開になっている。
しかし、
残念なことには、この映画から受ける印象は、実に中途半端。
これは酷い。
制作側が細部にこだわり頑張って作っているわりには、
なぜかしら「安っぽい」臭いがしてしまう。
それは何故かと言うと、
大まかにまとめると7つほどの理由が絡み合っているからではないかと、
勝手に思っている。
ゲゲゲの鬼太郎6

例えば、
①鬼太郎の心情の描き方について
「いくら人間を助けても、感謝されず、忘れられる」というヒーローらしからぬ悩みが、
楓とのからみで解消していく過程が安易であり、
ドラマの始まりから終わりまでの中で貫通した行動になっていない。
途中で、雲散霧消している。
きちんと悩ませて、それを乗り越えさせてほしいもんだ。

②楓のキャラクター設定と鬼太郎と一緒になって楽器を探す中で、
不信感に陥る部分とその解消にいたるまでの過程もなんだかなぁではある。
「おばぁちゃんから、他人をすぐに信用してはダメって教えられた」というようなことを
突然言わせてみたり、
助けられたからといってすぐに信用したり…。
展開が希薄な上に、結論が早すぎるので、楓という女の子のキャラクターというか、
その心の真実の部分が安定しない。
しかも、後半になって、
濡れ女の傷ついた心を癒そうとするための行動と
それにいたる心情がうまく描かれていないので、
中身の薄い少女のように見えてしまっている。

③「濡れ女」こと、女妖怪の寺島しのぶの「恋」、そして、
村人の仕打ち、鬼道衆による封印、復讐の顛末が陳腐。
どっかで聞いたことのある話だし、
しかも、海人役の萩原聖人は、もう誠実な役を演じることについて、
これまでのプライベートの失敗から、似合わなくなってしまっている。
だから、また嘘を言っているように見えてしまうのが恐ろしい。
また、ラストあたりでの海人の弁明もセリフ中心のために、
ただの弁解にしか聞こえてこないのも痛いなぁ。
ゲゲゲの鬼太郎8

④護人囃子の儀に使う楽器をそれぞれに分かれて探すくだりが、
あまりもあっさりしていたり、逆に冗長だったりと、脚本上のバランスが悪い。
これまたメークのやりすぎで羞恥心の上地君本人かもわからないような妖怪「サトリ」との
バトルシーンもほとんど無駄では…、けっこう汚いし…。
ついでに、楓が鬼道衆の末裔であると知った後の苦しみや辛さなども
上手な表現とは言えない。

⑤ぬらりひょん(緒形拳)の言うことが、あまりにもごもっともで、立派すぎる。
観ている側も、ほんとに人間っていうのはダメだよなと思ってしまうわけで、
なんだかとっても善なる立場にいる印象を与えてしまう…。
もっと極悪で、強烈な恐怖感を与える存在として描いてほしかったなぁ。
したがって、悪役としての「悪」の部分の要素が薄いために、
何よりも困ったことに、対立する鬼太郎の側が引き立たない。
いまいち戦う正当な理由を鬼太郎の方がもてないのも、いやはやではあった。
その上、なんぼ立派でも、ありきたりでだれでも予想がつくようなごもっともなご高説を
セリフで説明されることのむず痒さ。これは辛い。
しかも、あっさりやられていなくなるし…。
ゲゲゲの鬼太郎4

⑥異国の妖怪夜叉(ソ・ジソブ)の存在の意味が、意味不明?
あんなに格好良くて、思わせぶりに出てきているのに。
なぜ、ぬらりひょんに加勢して、
どんな心情で鬼太郎と戦っているのかが表現されていない。
なんで?え?みたいな感じでした。
あまりにも目立つのに、意味不明な要素をそのままにされると、
観ている側は、無意識のうちに物語に対する不信感を育ててしまうものだ。
ゲゲゲの鬼太郎5

⑦閻魔大王にかけあって、「鬼太郎の母に会えるチャンス」を「海人の魂の召還」
にかえるあたりでも、
鬼太郎はほとんど心の葛藤なしの状態で描かれている。
本来ならば、会えない母とのことが「人間を守ることの動機」の背景にもなるはずなのに、
まったく放っておかれているパーツにもなっている。

ともあれ以上7つの理由が、
螺旋状にからみあって映画を安っぽくしてしまっているのだと思う。 
やはり、
このタイプの映画でも、脚本が本当に大事なのだなぁという感じである。
物語の書き込み方や構成の仕方がもっと深められていると、
同じCGでも、まったく受ける印象は違うだろうに…。
少ない予算と限られたスタッフと、
役者のスケジュール調整によって制限された部分も多いかと思う。
「ハリーポッター」でも「インディージョーンズ」でも、
それを最高とは言わないが、
それらの作品と肩を並べる領域に辿りつくにはどれだけのものが必要なのだろうか?

それでも、それなりにこの映画を見終えたあと、
街ゆく人々がなんとなく妖怪に見えたりもする。
それは、制作スタッフのせめてもの意地みたいなものが
観客の心に影響しているのかもしれない。

何にせよ、
妖怪よりも、
人間の方がずっと「業」が深い生き物なのだと改めて思う。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ゲゲゲの鬼太郎7

-----------------------------------------------------------------------------
■ とりあえずあらすじ

小雨降る不気味な夜、
若い女性が歩いているとどこからともなく聞こえてくる「かごめ歌」
それを聴いてしまった若い女性が失踪してしまう…、という怪事件が続発していた。
女子高生、比良本 楓(北乃きい)も、ある日の夜、
「かごめ歌」を聞いてしまう。
通りがかったねずみ男と鬼太郎によって助けれるものの、呪いは続いていた。
楓の呪いの謎の解明に乗り出した鬼太郎(ウエンツ瑛士)たちは、
妖怪図書館の司書妖怪、文車妖妃(中川翔子)による情報提供によって、
千年の時を経て蘇った悪霊の呪いが原因だということに辿り着く。
「かごめ歌」の呪いを封印するためには、
古来から伝わる雅楽で使う楽器を集め、
“護人囃子の儀”を行わなければならないという。
楽器を求め、
古地図に記された「天」「地」「海」の場所へ。
鬼太郎と楓は「天」=箱根の神山へ、
猫娘(田中麗奈)とねずみ男(大泉洋)は「地」=高尾山へ、
砂かけ婆(室井滋)と子なき爺(間寛平)はリゾートもかねて「海」=三浦半島の沖合へ旅の道中、
自分を助けようとしている鬼太郎をも信じられない楓。
不信感をあらわにして、鬼太郎から離れようとしてしまう。
一方、
砂かけ婆は古井戸に棲む井戸仙人(笹野高史)の話を聞き、
呪いに秘められた真実を知る。
悪霊とされていた妖怪濡れ女(寺島しのぶ)は、
邪悪な存在などではなかったのだ。
千年前、人魚族の濡れ女と、
人間の若者海人(萩原聖人)が恋に落ちた。
海人を慕う濡れ女は井戸仙人の霊力により人間の女性に生まれ変わり、
2人は人間の夫婦として結ばれた。
しかし村人たちは住む世界の違う2人の関係をよしとせず、
鬼道衆という修験者集団の力を借りて濡れ女を海人から引き離し、
封印したのだった。

この真実を前にして苦悩する鬼太郎と楓。
悪いのは妖怪ではなく人間だった。
そんな中、妖しく美しい胡弓の音色とともに異国の妖怪夜叉(ソ・ジソブ)が現れ、
鬼太郎たちに猛然と襲いかかる。
そして、背後からすべてを操る大妖怪ぬらりひょん(緒形拳)が
その姿をついに現した。
永い年月を生き、
人間の罪深い傲慢さと愚かさを見てきたぬらりひょんは、
蛇骨婆(佐野史郎)、夜叉、濡れ女を伴い、
人間たちを破滅に追い込もうとしていたのだ。
「人間の産み落とした怨念の重さ、その声なき呪詛が……、
鬼太郎よ、聴こえるはずだ、お前にも……。
このままでは、世界は滅びの時を迎える。」
ぬらりひょんはさらに鬼太郎自身も知らない幽霊族の驚愕の事実を突きつける。
鬼太郎の先祖である幽霊族は、人間によって滅ぼされたのだった。
動揺する鬼太郎に、再び妖しい胡弓の音色が…。
夜叉の激しい攻撃が開始される。
すべての黒幕であるぬらひょんの謀略を鬼太郎たちはくい止めることが出来るのか。


監督 … 本木克英
原作 … 水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」
脚本 … 沢村光彦

鬼太郎 … ウエンツ瑛士
比良本楓 … 北乃きい
猫娘 … 田中麗奈
ねずみ男 … 大泉洋
子なき爺 … 間寛平
砂かけ婆 … 室井滋
ぬらりひょん … 緒形拳
濡れ女 … 寺島しのぶ
蛇骨婆 … 佐野史郎
井戸仙人 … 笹野高史
-----------------------------------------------------------------------------ゲゲゲの鬼太郎12




映画「クライマーズ・ハイ」を観ることができた。

原作は、ご存じの通り作家の横山秀夫さんが、
かつて上毛新聞の社会部記者としての経験をベースに、
1985年に起こった日航機墜落事故の報道に全力を尽くした人間たちを描いたもの。
2005年の12月にNHKでも、佐藤浩市の主演でドラマ化されている。
今回は堤真一主演と原田眞人監督のコンビによって映画化とあいなった。
クライマーズ・ハイ14

映画を観た後の率直な感想としては、
何とも言えない不完全燃焼感が残ってしまうという感じだ。
かなり頑張って作っている作品なのに…。
何がダメなんだろうか?
脚本か?
編集の仕方か?
一種のサービス精神か?

少なくとも、新聞記者たちの熱いぶつかり合いは描かれていた。
これは素晴らしい。
「主人公の悠木は映画監督である自分そのものでもある。
わたしが原作に一番共鳴したのは、
何かを伝えたいと思っている連中が、
己の信念をもってみんなでぶつかりあっているところ。
こういう熱さ、それを今の若い人たちは、
熱いというだけで避けてしまうところがあって、
そういう若者へ向けて、
働く現場でとにかく愚直に働くことが大事だ。」
と、原田監督は学生たちに向けて語ったりもしている。
クライマーズ・ハイ

もちろん、熱く必死に報道に挑む主人公の悠木の姿には、
作者の横山さん自身の思いも投影されている。
横山さんは、平成3年に新聞社を辞めたあと、
日航機事故を題材とした小説を書こうとしたが、とうとう書けなかったのだという。
あれだけの大事故を経験したのに書かないのはもったいない、
という浅ましい思いもあったらしいのだが、
どれだけ自制して書いても、
「俺はあの現場を見た。」
という新聞記者の自慢話にしかならないと思えて断念したのだという。
それを小説家になって十数年たって自分の筆力を高めた上で、やっと作品にし、
ついには、テレビ化、映画化された。
そんなわけで、
すでに小説の中に盛り込まれている作家としての精神性の高さは、
しつこいかもしれないが素晴らしいものがある。
したがって、映像化された場合、仕事に立ち向かう様々な人間たちの群像劇としては、
非常に優れているのではないかと思う。
しかし、
けれどもだ。
映画としての面白いかどうかの基準に照らし合わせてみると疑問が残る。
クライマーズ・ハイ3

その第1点目としては、
現在の衝立岩を登山している悠木のシーンと
回想シーンである1985年の日航機墜落事故の報道に励むシーンが、
互いに効果を上げていない。
これは、構成と編集の仕方の失敗なのではと思う。
とにかく非常に冗長な感じを受けてしまう。
それに派生して、主人公悠木の「履歴」がきちんと描かれていないために、
妻や子供に対しての思いが上滑りになってしまっているのが残念だった。
原田監督としては、
「僕なりに強調しようと思ったのは、親と子の愛憎の部分」とは言っているものの、
悠木と息子の淳、
白河社長と悠木の関係性
悠木と自分の母への思いなども消化不良の感が否めない。
後半で、スクープを打たない理由として、
母と観た映画での「ダブルチェック」を盛り込んでいるが…、
それも唐突であり甘い。

したがって、そんなゆるさがあるために、
ここ一番で、
悠木が息子からもらった石を何度も見つめたり、握りしめても、
感動につながりにくい。
いやはや。
予告編であるトレーラーの方が、緊迫した感じの好印象を受けてしまうので、
そう考えるとやはり本編の編集の仕方に問題があると言わざる得ない。
クライマーズ・ハイ8

また、第2点目としては、
クライマーズ・ハイというタイトルが示す通り、
「登山用語」を
「報道という仕事」に対する比喩として随所に台詞などに入れているが、
それがイマイチ的を得ていない。
例えば、
「クライマーズ・ハイ」は、
「登山中に興奮状態が極限にまで達し、恐怖感が麻痺すること」であり、
映画では
「1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落からの1週間の興奮と混乱」
を比喩しているわけだが、それがあんまり鮮明ではないも残念。
それに関係して、「山=事件」のシンボルになっている衝立岩が問題だ。
現在のシーンで、悠木は死んだ友人安西の息子と衝立岩にアタックしているが、
この谷川岳の衝立岩が難所中の難所で、
過去780人もの死者を出しているほどの厳しい断崖絶壁には見えないのも痛い。
せめて、
現在の衝立岩を登ることがどんなにスリリングで恐ろしいことなのかを表現できたら、
1985年当時の事故報道という山も、
関係者にとってどんなに恐ろしいものであったかが効果的に表現できただろうに…。

ついでに、この友人の「安西」という名前も、
「アンザイレン」( 困難な岩壁や氷壁を登る際に互いをザイルで結び合い、
危険を共にすること)から名付けられたのではないかと、勝手に思っているが、
そんなシンボリックな意味合いも不発に終わっている。
クライマーズ・ハイ11


さらには第3点目としては、
新聞記者の世界を描く上で、観客に対してのサービス不足がある。
例えば
悠木が上司に向かって、激しくぶつかるシーンの台詞で、
「オオクボ・レンセキの仕事が…」などとよく出てくるが、
聞いているだけではかなり分かりにくいのではないかと思う。
活字ならば、「大久保・連赤」となるわけで、
「大久保清」と「連合赤軍」のあの事件か!と伝わることは伝わる。
ただ、その事件の意味や内容については世代によってはわからないはずで、
そんな部分があるというだけでも辛い。
社会部、文化部、整理部、販売部などなど、
新聞社の組織構成などについてもなんとなくわかるものの、
現場における〆切り時間の意味合いと重みなども説明が足りない感じだ。

ともあれ、
「未曾有の大事故を報道する地元新聞記者たちの愚直なまでのひたむきさ」を
きちんと描いていたのは、賞賛されていいのではないかと思う。
社内の状況が緊迫感をすべての役者で同時進行かつリアルに表現した演出は、
素晴らしい。
特に、
堺雅人が演じる県警記者クラブに詰める佐山は、
存在感があって良かったと思う。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

クライマーズ・ハイ4

-----------------------------------------------------------------------------
■ やや長めのあらすじ

1985年8月12日、
翌日の朝刊作りに励んでいた新聞記者の悠木和雅。
この日、悠木は19:36分発の電車で、販売部の安西と谷川岳に向かう予定だった。
そんな時、 県警記者クラブに詰める佐山達哉から連絡が入ってきた。
「ジャンボが消えた!」
群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、
死者520人の大惨事が起こったのだった。
クライマーズ・ハイ10

前橋にある北関東新聞社では、
白河社長の鶴の一声により、
一匹狼の遊軍記者悠木が全権デスクに任命された。
この大事故を報道する過酷な紙面作り、
彼の闘いの日々が幕を開けた。
悠木は県警キャップの佐山らをさっそく事故現場へ向かわせるが、
そんな時、登山するはずだった無二の親友安西が
クモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く…。
現場発の記事にこだわる県警キャップ佐山とのやり取り、
過去の栄光にこだわる社会部長らとの軋轢、
事故原因特定の特ダネを打つかどうかの駆け引き……。
部下からの不信感、
上司からの嫉妬、
組織と個人、
仕事優先のために崩壊させてしまった家庭…、そして、息子。
絶えず緊迫し続ける社内状況と
中年男の疲労感…。
未曾有の大事故を報道する地元新聞記者たちの
興奮と混乱に満ちた1週間を描く。
-----------------------------------------------------------------------------

フレディー・ハイモア主演の「奇跡のシンフォニー」(AUGUST RUSH)を観た。
この「奇跡のシンフォニー」って、
映画の評論などでは、かなり叩かれているみたいですね。
先週の、「情報プレゼンター とくダネ!」では、
司会の小倉智昭さんが妙に興奮した感じで、「この映画は感動するよ!」と、
笠井信輔さんやら佐々木恭子さんに熱っぽく語っていたが…。
奇跡のシンフォニー6

例えば、
ネット上の映画批評などでは、
「hameless hokum」な映画、 要するに「恥知らずな 馬鹿話」だという文章も登場したり…、
きついなぁ。
また、現代版の安っぽい「オリバーツイスト」だという記事もあった。
奇跡のシンフォニー2

もともと、
「両親に会いたいという純粋な思いが音楽を通じて奇跡をおこすという設定が、
かなり強引すぎる」、そんな感じの声も多い。
そんな否定的な意見もある中で、
「これは音楽ファンタジーなんだから、多少の整合性のなさはどうでもいい。
最後の場面での演奏会のシーンで、
エヴァンの曲「オーガスト ラプソディー」が演奏され、
遠く離れていた親子が10年の歳月を経て、ひかれ合っていくシーンは感動的!」
と言う人もいる。
人の感じ方は、さまざまというわけだ。
-----------------------------------------------------------------------------
■ 日本語のあらすじ

11年と16日間、
孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には、
豊かな音楽の才能が備わっていた。
天才的な音楽の才能を持つ孤児の少年エヴァン、
彼と意図せず離れ離れとなってしまったチェリストの母ライラと、
元ミュージシャンの父ルイス。
ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、
施設からマンハッタンへと導かれる。
彼は、両親の顔も名前も知らないが、
心に聞こえてくる音を通じてつながっていると信じていた。
さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。
同じころ、離ればなれとなっていた両親も、
それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた。
N.Y.のストリートで生まれて初めて楽器に出会うエヴァン。
奇跡のシンフォニー4

鋭い音感を持つ彼は、
ある日、“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、
ギターの弦を叩く自己流の奏法で、音楽という宇宙を表現しはじめる。
驚くウィザードとアーサーをはじめとする孤児たち…。
やがて、オーガストラッシュと名付けられたエヴァンは、
ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。
ゴスペルにひかれて立ち寄った教会の中で、
黒人の少女ホープに楽譜とピアノをちょっとだけ教わったエヴァンは、
一人で心の赴くままに作曲し、パイプオルガンまでも演奏する。
エヴァンは牧師の導きで、天才少年として、
なんとジュリアード音楽院に入学する。
かたや結ばれぬまま別離したエヴァンの母ライラと父ルイスも、
それぞれの想いを胸に、音楽活動をするためにマンハッタンを目指す。

-----------------------------------------------------------------------------
奇跡のシンフォニー3

ところで、自分自身の感想を問われたら、
「大好きです!」と答えてしまうと思う。
良いシナリオであるとか、
素晴らしい映画であるとも、
ちっとも言えないけれども、
そのかわりに、
ここに描かれている「何とも表現しにくいもの」が好きなのだからしょうがない。
映画評論のお歴々の言葉どおり、脚本の面からみると酷いし、
頼みの綱の「音楽」の部分に関しても、
素晴らしい音楽だったと映画を観て感動した人の多くは言ってはいるものの、
それほどではないと思う。
どちらかというと、二流の曲のオンパレードなのだと思う。
でも、
この映画のどこが個人的にいいかというと、
純粋な子供が、
はじめて触れた「音楽」そのものへの感動が上手に描かれている点にある。
主人公エヴァンが、
初めてギターをいじり始めた時の表情と、
そんな独特な演奏から生まれた「音色」の感じ。
そういう感触めいた思い出は、
大人たちの心の隅っこにも残っているのではないかと思う。
自分にしてみると、実に懐かしい感じがしてならない。
ギターやピアノにはじめて触れた時、
なんだか宇宙の秘密にコンタクトできたような気分になれた。
自分なりに心地よい音色をまさぐって、嬉しくてたまらなかった…。
そんな子供時代の思い出を蘇らせてくれたのが「奇跡のシンフォニー」だった。
奇跡のシンフォニー8

ジュゼッペ・トルナトーレ監督の
「海の上のピアニスト」(THE LEGEND OF 1900)という作品を
ご存じの方も多いと思う。
「大西洋の上で生れ、一度も船を下りなかったピアニストの伝説。」というわけで、
この映画でも主人公が初めてピアノに触れるシーンがやはりいい。

絶対音感を持ち合わせていなくても、
「音」に対して繊細な感覚を持っている人は、
たくさんいるんじゃないかと思う。
そんな人たちは、脚本の出来不出来にかかわらず、
きっとこの映画の中に描かれている「音に対する感覚」には、
共感できるものがあるのではないのだろうか。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
奇跡のシンフォニー9

----------------------------------------------------------------------------
■ 英語版のあらすじ

A boy named Evan Taylor (Freddie Highmore) lives in an orphanage, all the while believing
that his parents are alive. He believes the music that he hears all around him is
his parents communicating with him. Evan meets a counselor,
Richard Jeffries (Terrence Howard), of the New York Child Services Department.
Evan tells him he does not want to be adopted because he believes his parents are still alive.

Through a series of flashbacks, his parents are revealed to be a famous concert cellist
named Lyla Novacek (Keri Russell), and Louis Connelly (Jonathan Rhys Meyers),
an Irish guitarist and lead singer of a rock band, who spend one romantic night together and
never see each other again. While Evan has believed his parents have wanted him all along, his mother only lately comes to find out that her son is alive and sets out to New York to find him. His father has never forgotten Lyla and doesn't know about Evan.
Both have since given up music.

Evan makes his way to New York City, where he is taken in by a man known
as "Wizard" (Robin Williams), who houses various orphans and runaways, employing them
to play music on the streets, and taking a large cut of their tips. Evan immediately proves
to be a musical child prodigy. Wizard enlists him, and gives him the name "August Rush",
convincing him he will be sent back to the orphanage if his real name is ever discovered.
After a raid by the police, Evan takes refuge in a church, where he again impresses with
his natural musical talent, and is enrolled at the Juilliard School as "August Rush".
A work he composes is chosen to be performed by the New York Philharmonic
in Central Park, but Wizard barges into a rehearsal,
and Evan reluctantly follows him back to his life of playing
on the streets.
奇跡のシンフォニー5

Meanwhile, Lyla has discovered Evan's identity and has been living
in New York searching for him. While there, she decides to resume her cello career,
and is chosen to play in the concert featuring Evan's piece. Louis, believing Lyla to be married,
also returns to New York to resume playing with his former band, and has a chance meeting
with Evan in Washington Square Park.

The night of the concert, Evan finally chooses to run from Wizard in favor of performing
at his concert. Louis races to the park when he sees Evan's pseudonym along
with Lyla's name on a sign billing the concert. Evan conducts his piece, and
at its conclusion, he turns around to see Lyla and Louis standing hand in hand,
and he finally makes the connection that they're his parents.
-----------------------------------------------------------------------------
奇跡のシンフォニー11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。