舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、『ICHI』について。
長い長い旅に出ていて、やっと更新できます。
みなさま、お元気ですか。

25日に、『ICHI』を観てきました。
『ICHI』には、
日本人の原風景というようなものが表現されていて、
なんだかとても懐かしいものに触れたような気がしました。
『僕の彼女はサイボーグ』での綾瀬はるかは、極端に言うと韓国風味のサイボーグ。
たしかに日本人の俳優が、日本を舞台に演技をしているのにもかかわらず、、
その頂点にいて指揮をしているのが韓国人であるクァク・ジェヨン監督であるがために、
その感覚や視点、そして伝わってくる心情や全体のテイストが韓国風だったですよね。
ところが、
『ICHI』での綾瀬はるかは、サイボーグ的な『座頭市』ではあるものの、
孤独や痛みに向かい合い、固く心を閉ざしたまま旅を続ける市の心象風景は、
まさに日本的。
ichi 1
こいうタイプの作品を、かつて『ピンポン』の斬新な映像で、
注目を浴びたCGクリエーター曽利文彦監督が手がけたというのも興味深い。
(ジェームズ・キャメロン創設のデジタル・ドメイン社にて、
『タイタニック』にCGアニメーターとして参加し、
VFXの第一人者である彼がなぜかその技術を抑制しつつ監督した時代劇。)

「何斬るかわかんないよ。見えないんだからさ。」
「私は生きているかも死んでいるかもわからない」
そんないかにも座頭市っぽい決めのセリフもそれなりに気が利いている。
ichi 4
-----------------------------------------------------------------------------
子供のころから「瞽女」と呼ばれる盲目の女旅芸人たちに育てられた市(綾瀬はるか)。
三味線を弾き、生きる糧を得る瞽女たち。
しかし、ひとたび男と通じてしまえばその仲間からも弾き出される、
それが掟だ。
ある日、市は男に襲われ、一座を追われてしまう。
離れ瞽女となって、
孤独に旅を続ける市の唯一の目的は、
自分に逆手居合いの技を教えてくれた男を探し出すこと。
やがて、旅を続ける市は、刀の抜けない侍・藤平十馬(大沢たかお)と出会う。
少年時代に、母を真剣によって失明させてしまったという十馬は、
真剣を使わなければめっぽう強い。
でも、過去のトラウマのために刀を抜けない惨めさを味わっている。
そんな十馬との出会いで、市は、
人を愛すること、愛されることを知り、
暗闇の世界に一筋の光が差し込むのだが、
平和な宿場町を狙う悪党万鬼(中村獅童ら)たちにより、
市と十馬にまたひとつ大きな悲劇がふりかかる…。
-----------------------------------------------------------------------------
ichi 2
脚本を担当した浅野妙子さんの構成力も、優れていると思う。
「市が求め続けた父のような存在の男への思慕の念」と、
「十馬が母に抱いていた慙愧の念」という、
ふたつの思いを並行して描き、その二つの絆が途切れかかった時に、
市と十馬との愛が新たに生まれて、互いに求め合うという以下の設定は、
ベタなりに工夫されている。
-----------------------------------------------------------------------------
①女は、幼い頃から、目の見えない闇の中で父のように慕っていた男と逆手居合いの技、
その男がくれた鈴の記憶…。
②侍は、少年時代に母を失明させたという心の傷が、刀を抜け無くさせていた。
③そんな女と侍が、出会う。触れ合う、指先。
④侍は、目の見えない女の中に母の姿を重ねる。
⑤女は、万鬼との戦いに打ちのめされ、父のように慕っていた男の死の事実を知る。
深い闇に落ちていく鈴と、はじめて心に浮かび上がってくる侍との温かな思い出。
⑥侍は、女を万鬼に渡すまいとして、初めて刀を抜くことができ、敵と相打ちで死ぬ。
⑦女は、愛する男のために、仕込み杖を刃を一閃、敵を倒す。
愛する人を失ったかわりに得た一筋の光…。
-----------------------------------------------------------------------------
ichi 11
市と藤平十馬とのラヴストーリーは、この映画の縦軸ではるが、
そこをさらに貫いているのは、「人と人との愛情による絆」である。
だから、ついでに、母を失った小太郎(島綾佑)の設定も、
「愛するという行為」の意味づけを無意識に支えている。
市の目としてそばに寄り添うけなげな小太郎が、夜道を照らしながら、
市と会話をするというようなシーンがシンボリックでとてもいい。

静謐なとでもいうべき殺気と、
仕込み杖から振り抜かれた硬質な刀の動きがそれなりに美しかった。
かなりの稽古の跡を感じるし、
綾瀬はるかの殺陣は、予想外にキレがあった。
ichi 9
ちなみに、
目を動かせないという点を実感するために、
(たとえば相手に名前を呼ばれたときに、
どう振り向くかなどの動作などの演技にむけて)、
撮影前に盲学校に行き、杖のつき方なども学んだという。
綾瀬はるかの女優としての成長も感じられる作品になっている。
そんな演技に関して、
「監督には、市は心を閉ざしているのでオン・オフのメリハリを
うまくやってくれと言われました。
感情を出すときはバッと出し、後はグッと押し殺す。
感情を表に出さない女の子なので、ひと言ひと言がすごく大事だなと思いました。
市が背負ってきたものを背景ににじませるのは、とても難しかった。
市は普段、心を閉ざしていて、感情も表に出さない女性なんです。
それだけに十馬に対して感情をわっと吐き出し
“わたしには境目が見えない”と気持ちをぶつけるシーンでは、
そのメリハリを表現してほしいとおっしゃっていました。
それはすごく印象に残っている言葉ですね。」と綾瀬はるかは語っている。
逆に、
綾瀬はるかが成長している分、虎次役の窪塚洋介や敵役の中村獅童の
相変わらず『ピンポン』のままの停滞ぶりには、ちょっとがっかりさせられる。
 ichi 3
愛を信じられない人間が、人に出会い、少し前を見て歩き出す話であり、
心に傷や悩みを抱いた人間がこの作品を観れば、
日本人的な「人の心の痛みとの対峙の仕方」を思い返すようなきっかけにもなる。
あえてCGを抑え、
厳しい冬の雪道を旅する映像や
中村獅童らの衣装は、歌舞伎風に色鮮やかにしてみたり
曽利監督の映像に対しての細かい計算が生きた作品でもある。
批判などは当然あるだろうが、単なるアイドル映画にはなっていないと思う。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
ichi 12


スポンサーサイト
映画『容疑者Xの献身』とテレビドラマ土曜プレミアム『ガリレオΦ』を観た。

まず映画『容疑者Xの献身』の原作は、
ご存じの通り東野圭吾の推理小説。
第134回直木賞受賞作でもあるという。
かつてこの『容疑者Xの献身』をめぐる本格ミステリーかどうかの論争も
あったぐらいで、それなりの価値のある作品ではある。
読んでみると、
犯罪トリックなどについても巧妙な伏線があり、
同時に人物描写もいつになくいい。
東野圭吾さんの作品にしては、良くできているようにも思う。
容疑者Xの献身
しかし、映画『容疑者Xの献身』を観た後の感想としては、
これは『ガリレオ』ではない。
湯川学という主人公をはじめとして、脇役もほぼ同じなのにである。
個人的な感想としては、もともと東野圭吾の作品は、
どれもこれもアイデア勝負だけで、本当の意味での深みや面白みがない。
そういう彼の長編『容疑者Xの献身』が映画化されるとするならば、
制作スタッフと脚本家はどうするのか?
それが、事前から興味のある点であった。
テレビドラマ『ガリレオ』シリーズ全10話は、
2007年フジテレビ10月クールで放送され、
平均視聴率は、21.9%という驚異的な数字を残している。
その人を惹きつける作品になった原因は、
プロデューサーをはじめとする制作スタッフや脚本家のアイデアによって、
東野圭吾の作品を換骨奪胎したり、構成を変化させたことにある。
なのに今回の映画『容疑者Xの献身』は、
かなりの面で東野圭吾の原作にほぼ忠実な進行の仕方となっていた。
テレビドラマでの『ガリレオ』の黄金パターン形式はとっていなかった。
ちなみに、この黄金パターンというのは、私が勝手に言っているだけのことなので、
ちょっとだけ紹介しておきます。
容疑者Xの献身6
-----------------------------------------------------------------------------
①殺人事件が起こる。
(それは、通常の殺人事件に比較して、
超常現象的要素を感じさせるものでなければならない。
それが、薫(柴咲コウ)が湯川のもとに行く建前となる)
②湯川学(福山雅治)のもとで事件の概要を説明する薫。
(ここでは、湯川こと福山君の魅力を引き出す何かをさせていなければならない)
③湯川と薫の調査。
(ここでは、事件の本質もさることながら、
二人の資質の差が(感情的なタイプと論理的なタイプ)が
もたらす妙な会話が展開されなければならない)
④そして、湯川が事件を解くカギに気がつく。
 (なぜか、数式をそばにあるもので変人っぽく描く。)
⑥湯川の推理を実証する場面。
(謎解きの部分になる。作家にとっては、アイデアが要求されるのでつらい)
⑦湯川と薫の二人のシーン。
 (事件にまつわる小ネタで集結)
-----------------------------------------------------------------------------
容疑者Xの献身2
ともあれ、映画のシナリオ上の骨格は、基本的には原作通りになってしまっていた。
なぜなんだろう?

今回の脚本も担当しているのはあの福田靖。
このお方の昨今の仕事ぶりは凄まじい。
テレビシリーズでのガリレオ(2007年、フジテレビ)、
CHANGE(2008年、フジテレビ)
上海タイフーン(2008年、NHK)
ドラマ土曜プレミアム『ガリレオΦ』(2008年、フジテレビ)
そして、映画では、
HERO(2007年)、犯人に告ぐ(2007年)容疑者Xの献身(2008年)
20世紀少年(2008年)などなど、もうたまらなく大忙しだ。
まさか、忙しいから原作通りの脚本にしたわけではあるまい。
上層部からの指示なのか、
直木賞作品という部分に敬意を表したのか、それは分からない。
-----------------------------------------------------------------------------
30代の花岡靖子は離婚経験があり娘美里とアパートでの二人で暮らしている。
靖子の元夫が富樫慎二が彼女の居所を突き止め、
訪ねてきた。
昔同様に暴力を振るう富樫を殺してしまった靖子と美里。
殺人後の放心状態の母子に救いの手を差し伸べたのは、
隣人の天才数学者石神だった。
そして12月3日、
富樫の死体の発見。
警察は花岡母子のアリバイを聞いて目をつけるが、
捜査が進むにつれ、アリバイを崩せなくなってしまう。
困り果てた草薙刑事と内海は、
友人の天才物理学者、湯川に相談を持ちかける。
すると、驚いたことに石神と湯川は大学時代の友人だった。
-----------------------------------------------------------------------------
この脚本で、福田さんが原作に対して大きく手を加えた部分は、
湯川と石神が映画の後半で冬山を登山をするシーンだ。
この場面は原作にはない。
こういうあたりに、福田靖の脚本家としての意地みたいなものを感じる。
これも私の勝手な推測だが、
福田さんは、「東野圭吾の描いた湯川学の物語は面白くない」と
思っているはずだ。
また、物語に対しての理解力は、
東野圭吾よりも自分の方がはるかに能力は高いと思っているのではないかとも思う。
「東野圭吾の作品をテレビドラマ化するにあたっては、常に構成を変えなくてはならない。
特に「起承転結」で言うならば、「転」の部分を強化しなくてはならない」と、
思い続けてきたのだと思う。

それが、今回でいうなら、それが登山のシーンなわけだ。
数学と物理の世界で孤高のふたり。
そして、特に石神の心象風景である孤独、二人が対峙する環境を
どうしてもこのような場所に設定したくなったのではあるまいか。

また、『容疑者Xの献身』は、重厚な人間ドラマとは世間的に言われているものの、
東野圭吾というのは、自分のアイデアを生かし切れない作家のようにも感じる。
その典型的な例が、
数学の天才石神が学生時代から取り組んでいた「四色問題」の
取り扱いだ。
(ちなみに、今は四色定理。
いかなる地図も、隣接する領域が異なる色になるように塗るには
4色あれば十分だという定理)
「四色問題」は、石神という男を表現するには、
実にシンボリックだ。
隣り合う者とはいつも同じにならない…、
四色問題は石神という孤高で孤独な男を説明するのには最高の材料なのに、
なぜか本来の原作を読んでもイマイチ伝わってくるものが少ない。
気がつかない人もいるかもしれないというぐらいだ。
それを鮮やかに、福田靖での脚本では表現している。
この技術、大したものだと思う。
容疑者Xの献身3

同じく「P≠NP問題」や「歯車」という例えなども、
東野さんより切れよく表現している。
こんな箇所にも福田さんの意地とプライドが表れているように思うが、
どちらにせよ『容疑者Xの献身』が、
自分の好みの面白さを備えないと感じていたのだろうと思う。
季節は寒々とした冬であり、
献身とはいってもあまりにも哀しく独善的な献身…、
苦悩するがゆえに年齢不詳の湯川(福山雅治)でさえも、
スクリーンにおいて石神同様に老けてしまったように感じる。
ようするに、
TVでの軽快でポップなテイストがなくなってしまっている。

と、そんなことを思っていたら、
草薙が湯川の才能にじかに触れるきっかけとなった、
大学時代のとある出来事も描かれるスペシャルドラマ『ガリレオΦ』が
10月4日に『容疑者Xの献身』の公開日と合わせて放映されていた。
こういうのって異例なことだと思う。
「作風もさることながら、
秋から冬にかけて撮影された映画と、
この夏に撮影されるドラマは、絵柄の風合いも全く異なりますし、
いろんな意味で対極にある作品となるはずです。
一つの世界観を共有しながらも、どこまで彩りの異なる作品が生まれるのか、
是非とも注目していただきたい。」と、鈴木プロデューサーは語っている。
一つの世界観の中で描かれる、二つの異なる『ガリレオ』ではあるものの、
こちらのテレビ放映の方が、
テレビならではのいい加減さやお笑いの部分を含めて、
本来の『ガリレオ』なのだと制作サイドが主張しているようで、
妙な感じではある。
もしかすると、『ガリレオ』は、東野圭吾の著作権の問題をクリアしつつ、
やがてフジのお抱えの脚本家たちによって、
オリジナル作品として生み出されることになるかもしれない。

ちなみに、NHKは10年1月から放送予定の「大河ドラマ」が、
「龍馬伝」に決まったと発表。脚本を担当するのは福田靖。
これもまた、頭脳の限りを尽くして50話ほどの脚本を描くことになるのだろう。
恐るべきことだと思う。
容疑者Xの献身4


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

今回は、『アイアンマン』について。

億万長者で発明家の軍需産業会社社長が、
自分の会社の兵器がテロリストに悪用されていることを知って、
自ら戦闘用のスーツを作り、
“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑むというお話。
この脳天気さは、さすがアメリカンコミック。
軍産複合体の中心人物が、兵器の流用ごときで衝撃を受けるだなんて。
しかも、ついでに正義のヒーローになってしまうという、
なんというご都合主義というか、調子のいい話なわけではあるが、
実に面白かったし、見応えがある。
映像もCGなのになぜか手作りっぽい雰囲気が出ているのが可笑しい。
アイアンマン12
拉致された牢獄で、
軍需産業会社社長である主人公スタークが、
テロリストたちの監視から隠れて創り上げたマークⅠ。
このマークⅠの手作り感溢れる無骨な鉄の感触がいい。
アメリカに戻ってから、人工知能コンピューターと最先端の技術を駆使し、
新たに創り上げたパワードスーツ、マークⅡ。
メタリックな感じ、飛行実験がしだいに発展していく様子や、
さらには、ハイテク戦闘機並に、
氷結するほどの高みまで無茶に上昇していくおじさんの子供心が楽しい。
そして、
ついに全て改良し、超高性能かつスタイリッシュなマークⅢ。
アイアンマン13
億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)の
モデルはあの伝説的な富豪のハワード・ヒューズ。
かつては、自分で航空機のデザインなどもした実業家でもある。
したがって、『アイアンマン』という映画の良さは、ストーリーというよりも、
パワードスーツを自分の工作室で創り上げていく過程にあり、それが実に魅力的だ。
リッチな男の趣味の時間をみんなで観ている感じとでもいうのだろうか。
家族から少しばかり白い目で見られがちの趣味の世界に、
肩身を狭くしながら生きている世のお父さんたちにとっての憧れなんじゃないかと思う。
手伝ってくれるコンピュータに、
文句を言いながらハンダ付けをしているシーンとか、
さながら板金職人ふうに工具をいじっている様子なんかは
たまらないのではないかと思う。
アイアンマン11
また、実業家であり天才的な発明家でもあるトニー・スタークの人物設定と、
なにかとお騒がせなロバート・ダウニー・Jrの個性や経歴が、
妙にマッチしているのも味がある。
子供の頃からのドラッグの問題、
度重なる麻薬不法所持による逮捕歴。
カリフォルニア州立刑務所での入所経験。
離婚と結婚の繰り返し…。
傷もあれば、
叩かれるとまずい部分も秘めながら生きている。
いわば人生の修羅場をくぐり抜けてきた大人なわけだ。
アイアンマン4
アメリカンコミックの主人公を、
酸いも甘いも噛み分けた大人が演じているいることによって深みが生まれた。
『スパイダーマン』でも、『X-MEN』や『ファンタスティック・フォー』では、
ありえない大人の感覚の表現が『アイアンマン』にはある。
したがって、
秘書とかわすセリフにおいても飄々とした大人の男と女のやりとりになっている。

ちなみに、第2作目の企画もあるようだが、
せっかく手に入れた幸運を
ロバート・ダウニー・Jrがまたもや私生活で失敗して逃してしまうことのないよう、
祈るばかりだ。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

アイアンマン1

-----------------------------------------------------------------------------
■ やたらと詳しい英語版のあらすじ

During a business trip to Afghanistan to demonstrate Stark Industries' new weapon, the "Jericho" cluster missile, Tony Stark's (Robert Downey Jr.) military convoy is attacked. In the ensuing firefight, Stark is wounded by one of his own company's bombs, which knocks him unconscious and embeds shrapnel in his chest, one fragment dangerously close to his heart.

Approximately 36 hours earlier, Stark avoids his own Apogee Awards ceremony to gamble at a Las Vegas casino, leaving his deceased father's friend and business partner, Obadiah Stane (Jeff Bridges) to collect the award. As Stark leaves the casino with his entourage, he is approached by Vanity Fair reporter Christine Everhart (Leslie Bibb), whom he charms into a one-night stand at his Malibu house. As she awakens in the morning, she is escorted from the house by Pepper Potts, Stark's personal assistant (Gwyneth Paltrow), who reveals that Stark is away on a business trip. In Afghanistan, Stark's convoy is attacked, and he loses consciousness. Waking up hours later in an Afghan cave, Stark discovers an electromagnet attached to his chest, powered by a car battery and designed to keep the shrapnel from piercing his heart and killing him.

アイアンマン8
Stark has been captured by the terrorist group known as the Ten Rings, who order him to build a Jericho missile for them. Instead, during the three months of his captivity, he and fellow captive Dr. Yinsen (Shaun Toub) begin building a miniature "arc reactor", a smaller version of a power source previously invented by Tony Stark's father, Howard Stark. With the reactor powering his electromagnet, Stark and Yinsen secretly build a crude but strong power armor as a means of escape. Despite breaking free from their cell, Dr. Yinsen is killed whilst setting up a diversion for Stark in order for the suit to power up in time. In the suit, Stark kills several terrorists, destroys their weapons stockpile and flies away before crash-landing in the desert, destroying the suit in the process. After being rescued by the Air Force and returned to the United States, Stark declares at a press conference that his company will no longer manufacture weapons. Stane tells him shortly thereafter that this move is being blocked by the members of the board of directors of Stark Industries.
アイアンマン6
Returning home, Stark retreats from the public eye and instead focuses on the design of his power suit, refining its size and improving its flight and fighting capability while making an improved arc reactor for himself, which he uses to replace the old one. During his first public appearance at the Walt Disney Concert Hall since his return to the United States, he spots Potts, who is wearing the gown he bought for her as a birthday present and is struck by her beauty and briefly dances with her, causing him to realize that he has romantic feelings for his assistant. As they're about to share a kiss, Potts interrupts by asking for a martini, as a ploy to hide her insecurity because of Stark's previous promiscuity. Stark is also accosted by Everhart, who shows him pictures of Stark Industries weapons in the hands of terrorist groups, including Jericho missiles. He realizes that Stane has been "dealing under the table" by supplying both the Americans and their enemies, and that Stane has been attempting to remove Stark from power. Enraged, Stark modifies his palm thrusters to shoot laser-like blasts, dons the power suit, flies to Afghanistan and rescues Yinsen's village from the Ten Rings. During the operation, Stark inadvertently attracts the attention of the United States Air Force and his friend and company military liaison, Lieutenant Colonel James Rhodes (Terrence Howard), who dispatches two F-22 Raptors to intercept and eliminate the unknown target. During the dogfight, one of the planes is accidentally destroyed, but the pilot is rescued by Stark, who privately calls Rhodes to reveal that he was the unidentified object. Rhodes later classifies the incident as a training accident to the press, at Stark's request.

Determined to amend his mistakes, Stark sends Potts to find the shipping records of Stark Industries, so he can track the illicit shipments and destroy them. While hacking into the system, she discovers that Stane hired the Ten Rings to kill Stark and the group reneged on the deal upon discovering his true identity. She also learns Stane has recovered the power suit prototype and reverse-engineered his own version, but his engineers are unable to duplicate the miniature arc reactor to power the new suit. Stane ambushes Stark in his house, using an experimental Stark Industries device to temporarily paralyze him and removing the arc reactor from Stark's chest to power the new suit. As Stane leaves, the dying Stark manages to re-install his first reactor to save himself. Although his first reactor was not designed to power his latest armor, Stark takes it to battle with Stane atop Stark Industries and the surrounding streets, luring him atop the full-sized arc reactor at Stark Industries. With no more power left for the suit, Stark instructs Potts to overload the Arc Reactor, as Stane's suit is temporarily disabled. Potts overloads the reactor, causing an electrical surge that knocks Stane unconscious, causing him to fall into the reactor itself, destroying the reactor and himself in the process.
アイアンマン10
In the following days, the press has dubbed Stark's alter ego "Iron Man." Rhodey informs a press conference that what happened at the company's site was a malfunctioning of a robotic prototype, and one of Stark's bodyguards bravely donned a prototype exoskeleton he designed to stop it. Before joining Rhodes, Stark briefly made an attempt to establish a romantic relationship with Potts, but is put on hold. During the press conference, Stark considers telling the cover story given to him by his S.H.I.E.L.D. contact, however he inadvertently reveals hints about his new ego. Failing to secure the cover story, Stark instead abandons it and announces much to the surprise and awe of the press before him that he is Iron Man.

Following the closing credits, Stark is visited by S.H.I.E.L.D. Director Nick Fury (Samuel L. Jackson) who warns him that he is not the only 'super hero' in the world, and states he wants to talk to him about the "Avenger Initiative".
-----------------------------------------------------------------------------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。