舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は『レッドクリフ(原題:赤壁)』について。

琴を互いに弾きながら、
互いの心を知る孔明と周瑜、
赤壁の戦いがやがて近づいてくる。
いいですね、こういうの。
子供の頃、英雄たちの胸のすくような活躍も楽しんではいたけれど、
関羽も張飛も孔明も、時代の流れの中で死んでいくのが悲しくてしょうがなかった。
だから、
小説ならば、吉川英治の『三国志』、
マンガならば横山光輝の『三国志』、
などと、何度も何度も形を変えては、同じ物語を追体験してしまう。
最近になっても、
北方謙三やら宮城谷昌光らによる新しい『三国志』やら、
もちろん連続ドラマ『三國志演義』のDVD-BOX 全7巻なんてのも面白い。
レッドクリフ1

野望に燃える英雄が、天下統一を目指し、
権謀術数を駆使する軍師が、頭脳の限りを尽くす、
はたまた戦場で一騎当千の豪傑が、己の力を振り絞って闘う歴史ロマン。

かつて、
千年前の北宋の詩人蘇軾(蘇東坡)も、
ゆったりと流れる長江に舟を浮かべ、
広大な夜空に浮かぶ満月をかたわらに見ながら、
酒を飲み、杯を交わし、
曹操や孔明・周瑜などの英雄たちを心に思い浮かべて『赤壁の賦』を書いた。
もちろん、蘇軾が詠んだ赤壁は、
三国時代の実際の古戦場ではなかったというが…。
『三国志』のことを考えると、
つい詩の一つでも書きたくなる気分もホントによくわかる。
レッドクリフ10
美麗な漢文で語れるのもいいのだけれど、
現代の漢詩は、
スクリーンいっぱいに繰り広げられる闘う英雄豪傑たちの映像そのものだ。
北京五輪開催に合わせた関連商品シリーズの最後の大物『レッドクリフ』が、
11月1日から公開されている
さすがに『三国志』だけあって、
観る前からそれぞれの観客になんらかのイメージがある上に
期待度もやたらと高いわけで、
結局、映画に対するレビューは賛否両論というか、
どっちかというと批判めいた声が多いような気がする。
「作品に深みや詩心がなく大味」
「男たちに魅力はなく、女たちも美しく撮影されていない」
「大作感はあるものの、内容的には失望する」
「長い予告編を見せられたという感じ」などなど…。
レッドクリフ12
製作費100億円が投じられた大作であり、
ジョン・ウー(呉宇森)が監督を務めるアクション映画である『レッドクリフ』。
ずいぶん前からちまたに流されていた予告編を観るだけでも、
過度に期待は高まってしまう。
そんな過剰な期待がある分、
自分のイメージとの落差があると文句もいいたくなるというわけだ。
個人的には、これはこれで非常に良い仕上がりの作品なのだと思う。
なんやかんや言っても、
『三国志』をこれだけの迫力のある映像でまとめた人間はこれまでいない。
ジョン・ウー監督の仕事は、それだけでも賞賛されていいのだと思う。
どのキャラクターでも主役をはれる要素のある登場人物を
場面ごとに紹介しつつ、そして生かしながら、
本筋の物語を進めていくのは実に難しいことだ。
しかも中国の国技のような人海戦術による大量のエキストラの投入と掌握、
このコントロールも至難の業だ。
レッドクリフ4
「赤壁の戦闘シーンの前で、part1が終わってしまった。」と
不満気に書かれたレビューも読んだが、
『三国志』がもともと膨大な物語を内包しているわけだから、
そんなことは分かりきったことなんだと思う。
ともかく、
主人公である周瑜役のトニー・レオンは、魅力的だし、
諸葛孔明の金城武はちょっと役柄には不向きかも知れないが、
二人でが協力して行った「九官八卦の陣」での戦闘シーンは良く仕上がっていた。
それにしても、やたらと兵士が殺される映画だった。
殺戮という感じだ。
例えば、心の優しい女性が観るには少々残酷過ぎるのかも知れない。
この人海戦術的感覚。
北京五輪のオープニングにしてもそうだったが、
人一人の存在感というのは薄く、ひたすら巨大な集団のコマにすぎないし、
『レッドクリフ』でも、ガンガン簡単に殺されて行く。
レッドクリフ11
ジョン・ウー監督は、記者会見などで、
「戦闘シーンは、『七人の侍』のクライマックスの
あの雨中の合戦をいつも意識しながら撮っていました。
それから、他者のために身を投げうつ姿勢、
黒澤映画のヒューマンな精神も大好きですね。
『PartⅠ』でも“長坂の戦い”で
豪傑な武将・趙雲(フー・ジュン)が単身敵陣に乗り込み、
君主である劉備(ユウ・ヨン)の子どもを救い出すシーンがあります。
そういう人間性に、強く私は心魅かれます。
黒澤映画のリズム、カメラワークなどもいろいろ参考にしましたが、
まだまだ黒澤さんのような高い境地には達していないので、
これからもっと精進していきたいと思います」と語っている。
日本での会見なので、多少のリップサービスも入っているだろうが、
もし、黒澤監督が生きていて、ジョン・ウー監督と同じ経済力とバックを持っていたら、
どんな『三国志』を撮るのだろうと、ふと想像してしまう。
殺戮の激しさは、
観客にショックは与えても感動は与えない。
黒澤監督ならば、
少なくとも、周瑜の心情についてはもう少し掘り下げて、
もっと陰影の深いものに表現するのではないだろうか。
映像の凄さだけが映画ではないから。
とはいえ、
赤壁の戦いを中心に描かれる第二部「赤壁:決戦天下」は
2009年4月(春節、旧正月)に公開だそうだ。
これもまた楽しみですね。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

レッドクリフ6

------------------------------------------------------------------------
■やたらと詳しい英語版のあらすじ
Episode 1
In the Imperial Court of the Han Dynasty in Xuchang in the summer AD 208, Prime Minister Cao Cao requests for the Emperor Xian's permission to launch a campaign against the warlords Liu Bei and Sun Quan in southern China, whom he considers rebels against the Han Dynasty. The Emperor hesitates, but reluctantly agrees after Cao Cao speaks of his contributions and loyalty (rescuing the Emperor when he was in exile, uniting northern China). Court official Kong Rong openly challenges and denounces him as a traitor, with the intention of usurping the throne. Kong claims Liu Bei and Sun Quan have no intentions of rebelling, especially when the former is the Emperor's uncle. Subsequently, Kong Rong is executed and Cao Cao placed in command of the Imperial Army, setting forth his campaign.
レッドクリフ2

Cao Cao's mighty army swiftly conquers the southern lands. Meanwhile, Liu Bei abandons the city of Xinye and leads his army and 100,000 civilians unwilling to be under Cao Cao's rule on an exodus. However, Cao Cao's cavalry catches up with Liu Bei, igniting the Battle of Changban. Zhang Fei, sworn brother of Liu Bei, personally leads a small group of soldiers armed with reflective shields to hold off the enemy while buying time for the civilians to escape. As the enemy soldiers approached, Zhang's troops uses their shields to reflect sunlight into the eyes of the enemy's horses, throwing them into chaos and seizing the preemptive attack. At the same time, Zhao Yun is in search for Liu Bei's wives and son. He finds Lady Mi desperately trying to protect the infant Liu Shan from being seized by enemy soldiers. Severely wounded, she commits suicide by throwing herself in a well after entrusting Liu Shan to Zhao Yun. Zhao Yun fights bravely and manages to break out after being surrounded by the enemy.

Zhuge Liang, Liu Bei's chief advisor, brings Guan Yu, sworn brother of Liu Bei, to assist Zhang Fei. Zhao Yun, Zhang Fei and Guan Yu bravely hold off the enemy until the last group of civilians have evacuated. Guan Yu stays to hold off the enemy and is surrounded, throwing his halberd towards Cao Cao, missing the latter by an inch. Cao Cao orders to let Guan Yu off, saying the general could have killed him earlier, but decided to spare him.
レッドクリフ3
Following the battle, Zhuge Liang sets forth for Wu on a diplomatic mission to negotiate an alliance between Liu Bei and Sun Quan. Sun Quan is in the midst of a dilemma, unsure whether to oppose Cao Cao or surrender. His advisors desperately try to persuade him to surrender, while his military officers advocate war. Zhuge Liang urges Sun Quan to form the alliance, but the young ruler states he needs more time to decide. Lu Su brings Zhuge Liang to meet Wu's viceroy and chief commander of Wu's army, Zhou Yu. Busy training his troops at Chi Bi with Gan Ning, Zhuge Liang discusses about war with the viceroy. Amidst returning home to his wife, Xiao Qiao, to witness the birth of a foal, the two strategists convey their ideas by playing the zither. Through their performance, Zhuge Liang understands Zhou Yu supports war against Cao Cao.

Meanwhile, Cao Cao recruits generals Cai Mao and Zhang Yun, both of whom surrendered to the prime minister and well-versed in naval warfare. At the same time, Cao Cao also boasts of his army's might and expresses his desire to possess the beautiful Xiao Qiao. Following a tiger hunt with Sun Shangxiang and Zhou Yu, Sun Quan finally makes his decision to form an alliance with Liu Bei and launches a war against Cao Cao. He draws his sword and slices off a corner of the table, stating to his subjects, "Whoever who speaks of surrender shall end up like this table!" Sun Quan appoints Zhou Yu, Lu Su and Cheng Pu as the main commanders of the army.
レッドクリフ13

Zhou Yu and his generals tour Liu Bei's camp, exchanging ideas and having insights into his army. They formulate a plan to engage Cao Cao's army, who are moving towards Wu on both land and water. The first battle begins with Sun Shangxiang luring Cao Cao's vanguard into the Eight Trigrams Formation, where they are utterly defeated by the allied forces. Cao Cao learns of the loss, but shows no disappointment, and proceeds to lead his army to camp on the opposite side of the river, directly facing the allied army's camp at Chi Bi. At the same time, the allied forces throw a banquet to celebrate their victory.

Zhou Yu and Zhuge Liang discuss on the new plan to combat Cao Cao's navy. Zhou Yu states Cao Cao's next move is still unclear, even though they scored a victory against Cao Cao's vanguard. The viceroy then says he hopes Zhuge Liang and himself will not become enemies in the future; if that is so, they will continue to serve their respective lords. By sending a pigeon he had cared for the past few days to scout Cao Cao's navy, Zhuge Liang discovers a weakness in the enemy's formation. The film ends with Zhou Yu lighting his miniature-sized ships on a map based on the battle formation with a torch, signifying the plans with the Battle of Chi Bi.
レッドクリフ9


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。