舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ロス:タイム:ライフ』が終わってしまいました。
全話通して、楽しまさせていただきました。
最終となった延長戦、尾元勇蔵(温水洋一)の話も、
それなりに良かったのではないかと思います。
snap_25__0804122330.jpg

人生の「ロスタイム」なんてと思いつつ、ついでに無茶な設定だなぁと思いながらも、
この物語を楽しんでいた方々はけっこう多いのでは。

深夜枠の実験ゾーン、そういう時間は、やっぱりあっていい。
そういうちょっと自由な匂いのする部分が業界の中になければ、
新しい創造もやりにくいし、新しい才能が輝きだす瞬間を見つけるこもできない。
実際、現在の春ドラマ全体の不振ぶりは、かなりひどい。
また、
世の中には、『ロス:タイム:ライフ』の全編を通してのコンセプトや打ち合わせ、
もしくは演出などの統一がされていないと批判する人もいるようだが、
新人の監督はそれなりに自分の力量を発揮したし、
ベテランの監督は、ピタッと演出上で押さえるべきところは押さえて、
構成していたと思う。
彼ら演出家たちの意地を感じる瞬間もあった。
snap_25__0804122320_002.jpg

尾元(温水洋一)とカズ子(岸本加世子)のそば打ちのシーンはいい。
-----------------------------------------------------------------------------
十年前に尾元が離婚届にサインをして家出して以来の突然の再会だったが、
カズ子は離婚届を提出しておらず、離婚していないことを知る。
離れ離れだった時間を埋めるように語り合う2人。
しかし、カズ子の背後には審判団が。カズ子はロスタイム中。
カズ子は尾元を連れ部屋に行くと思い出の手打ちそばを作るようにお願いする。
カズ子がロスタイム中であることを知らない尾元は、
わけもわからずそばを作り出す。
そばを食べらながら愛の告白をするカズ子。
そして2人はキスを…。残り時間がわずかとなり、
尾元に手紙を渡すと1人奥の部屋へ入るカズ子。
そこに試合終了のホイッスルが。
-----------------------------------------------------------------------------
snap_25__0804192358_001.jpg

テネシーワルツをバックに、ふたりが昔話をしながら、愛を確かめ合うという設定。
見てくれも決していいわけではないそれなりのおじさんとおばさんの会話だ。

最後のそば打ち。

長丁場の二人芝居でもある。

いいシーンなのだ。
ただ、惜しむらくは、
演技達者な二人が、この場面にかけたリハの時間がきっとあまりにも少なかったのだろう。
もしこれが舞台としての稽古だったら、
きっと何度でも演出からダメだしをくらうのではないだろうか。
(また、本人たちもそのダメだしに応える演技をし始めるとは思うが)
もったいない。
もちろんプロだから,収録された状態のものでも充分放映できるレベルなのだけれど、
本来的にこの二人の芸歴を考えると、
もっとできると思わざるえないわけで、
本当に、さまざまに微妙な表現もできるはずなのに…。
長い台詞を吐き出すだけで、
けっこう精一杯になっている部分のアラが見え隠れしていたように思う。
収録現場の時間的な制約や諸事情などが、悔やまれる。
残念。
snap_25__0804200007_000.jpg

それでも、伝わるものは伝わってくるので良しとしたいものの、
やはり演出の永山耕三さんとしては、ちょっと不本意だったかもしれない。
実際、これまでの『ロス:タイム:ライフ』の各話で、
抜群の冴えをみせ、
ドラマを引き締めてきたのは、ベテランの永山さんの演出力だったからだ。
この人は、実力がある。
それだからこその、最終話だったのに…。

ともあれ、『ロス:タイム:ライフ』でのそれぞれのドラマは、
一種のシェアワールドで展開されてきたわけで、
結果的に、脚本と演出を学ぶ側のテキストにも使用できるはずだ。

とりあえず、
人が自分の死の時間帯を意識したら、
もうその瞬間に「ロスタイムライフ」が始まる。
そんな大事なことを1週間ごとに考えさせられたドラマだった。
制作スタッフに感謝です。
snap_25__0804122323.jpg

-----------------------------------------------------------------------------
第1節
「カメラマン編」 2008年2月2日 人生の最後に何かが起こる! カメラマン編
〜謎の審判団は天使か? 悪魔か!? 筧昌也
森ハヤシ 筧昌也 瑛太 11.4%
第2節
「刑事編」 2008年2月9日 正義は勝つ!! 奇跡の捜査線
〜新米刑事が暴く迷宮事件の真実 橋本博行 小山慶一郎
(NEWS) 8.7%
第3節
「スキヤキ編」 2008年2月16日 決戦はスーパー!?
母は走る家族の為! すき焼きの為!! 矢沢幸治 鈴井貴之 友近 12.3%
第4節
「看護師編」 2008年2月23日 看護師の涙が起こすドーハの奇跡!
〜人生をあきらめないで 鈴木智尋 永山耕三 上野樹里 10.7%
第5節
「幼なじみ編」 2008年3月1日 究極の選択! 夢か告白か?
ゴールは二人で決めろ!! 初恋の約束が叶う時 土田英生 大木綾子 伊藤淳史 10.5%
第6節
「ヒーローショー編」 2008年3月8日 ヒーローになりたい男!
涙の大逆転!? 最期に輝く星になれ! 上田誠 冨士川祐輔 田中直樹
(ココリコ) 8.5%
第7節
「極道の妻編」 2008年3月15日 華麗なる極道の妻へ愛する夫の仇討ち!
駆け抜けた命の花が散る時 吉田智子 筧昌也 常盤貴子 10.2%
第8節
「部長編」 2008年3月29日 私頑張りました! 女部長は銭湯で泣く
〜最期に会えた恋の味 渡辺千穂 永山耕三 真木よう子 9.8%
第9節
「ひきこもり編」 2008年4月5日 最終章〜終らないロスタイムで掴んだ栄光!
ひきこもり青年の起こした奇跡 鈴木智尋 筧昌也 大泉洋 12.4%
延長戦
「特別版・前編」 2008年4月12日 特別版・前編 あと2回!?
あの男の真実が!! 黒い疑惑と父娘の物語 山崎淳也 永山耕三 栗山千明
温水洋一 9.9%
延長戦
「特別版・後編」 2008年4月19日 特別版・後編 神の手ホイッスルを吹く!?
夫婦で決めたゴール! 岸本加世子温水洋一 9.1%
平均視聴率 10.3%
-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。