舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木村拓哉は、極めて不思議なタレントだと思う。
「SMAP」として、歌は常に売れてきたけれども、
それほど歌唱力があるとは思えない。
そして、ジャニーズのひとりとして、ダンスを披露しても、
これまた、一流かどうかは疑問だ。
しかも確かに格好いいのだが、
できれば、足はもっと長い方がいいと思う。
特に彼の長所と言える「演技力」にしても、
その役柄になりきっているというよりは、
ある意味、いつも木村拓哉でしかないと批判する人もいる。

なのに、木村拓哉はどんな男性タレントと比較しても劣らない、実に魅力的な男である。

change1.jpg

これは、勝手な私個人の推測なのだが、
役者としての木村拓哉をドラマにおいて輝かせるためには、二つの要素が必要だと思う。

その一つは、彼になんらかの道具を持たせて演出するということ。
もう一つは、ドラマの設定の中に、
木村拓哉に相対する強烈な敵の存在が絶対的に必要なのだということ。


この2つの要素がどうしてもないと彼は自分の魅力を発揮しにくくなる。
change12.jpg

役者・木村拓哉。
木村拓哉は、誠実な努力家であり、
真面目で、与えられた課題は出来るようになるまで最後までやり抜く人でもある。
頑固な面もあるものの、礼儀正しく、ドラマの現場ではキャストというより、
スタッフの一員として働くという意識が強い。
ふと気がつけば、大道具のスタッフに溶け込みげんのう(トンカチ)を持って、
セットのとっぱらいをしている時もあるという。

彼は、ご存じの通り、
甘く魅力的なマスクの裏に隠されている内面が、
実に男らしい人物なのだ。

したがって、例えばCMなどで、
木村拓哉がデジタルカメラのNIKON D80を
愛おしげにいじっている姿は、非常にさまになる。
CMの最後に入れられているキャッチコピーは、「名機の資格」
木村拓哉という男のブランドというか価値が、
その「名機の資格」を無意識のうちに保証しているように表現されているわけだ。
そこには女性の存在はなくてもいい。

別にカメラでなくとも、車であれ、パソコンであれ、
男たちが興味をもちそうなアイテムに触れている姿がそれなりにいい。
内面の男らしさがそのツールに、
つい執着してしまった時の香りというか雰囲気というか、
とにかく何か醸し出すものがある。
change10.jpg

そんな彼なので、これまでのドラマでも、
ピアニスト、パイロット、アイスホッケー選手、レーシングドライバー、武士などなど、
アイテム満載の職業に上手に適応してしまっている。
「HERO」なんかでは、検事という役柄上、
職業としてのアイテムやツールがないものだから、
どういうわけだか通販好きというキャラクター設定になってしまっている。
これも、内面がやたらと男っぽい木村拓哉だからなのではないかと思う。
男っぽさは、子供っぽさと紙一重の位置にある。
もし、「HERO」の主役が木村拓哉でなかったら、
通販好きの設定は無意味になるのではないかとも思う。

武士の一分

どうであれ役者としての木村拓哉には、
何らかのツールを持たせた方が、魅力がさらに出る。
その証拠に、
かつて太秦で「武士の一分」を撮影していた時、
武士のアイテムである刀の扱いにのめり込んでいく姿が、あまりにも凄まじいので、
長年時代劇をやってきた大部屋俳優たちや
違う撮影で入っていた大御所の某時代劇役者までもが、
木村拓哉の殺陣の本番を観るのを楽しみにして、
用もないのに大挙して集まってきていたという話は有名な事実だ。

また、「華麗なる一族」(2007年TBS)での万俵鉄平役での木村拓哉は、
このドラマがどれだけ視聴率がよくても、
自分の存在をシンボリックに表現するようなものがないために、
いまいち魅力的ではなくなってしまっていた。
工事現場、ヘルメット、図面、溶鉱炉など男っぽいものはあるけれど、弱かったし、
結局、敵として対立していた父(北大路 欣也)の存在感に助けられていた。

ついでに映画「2046」での木村拓哉が、心もとなげでどうにも変なのは、
彼の前に男を表現する道具も
強大な敵も存在していなかったからだ

月9の視聴率男、恋愛ドラマをさせたら抜群と業界で言われているものの、
不思議なことに、
相手役の女優がどれだけ美人で魅力的なのかどうかということは、
この際あんまり関係ない。
木村拓哉は、女優の器量によって左右されるタイプの役者ではない。

しつこいようだが、
役者・木村拓哉は、
男であるための要素、
男をシンボリックに表すグッズと男の敵が必要な役者なのだ。
木村拓哉という事例は、
ものぐさ精神分析の岸田秀さんではないが、
もともとすでに本能が壊れてしまっている「男という存在」にとって、
「男が男であることを示すことができるのは、
対峙している女性とのかかわりからは生まれない」という典型的な症例なのかもしれない。

change11.jpg

さて、フジテレビ系ドラマ「CHANGE」が5月12日からスタートする。
木村拓哉が総理大臣を演じるということで、春ドラマの大とりという感じだ。
脚本は最近特に好調な福田靖。
それなりの高い視聴率となることだろう。

主人公朝倉啓太(木村拓哉)は、山に囲まれた小さな小学校の先生。
パーマをかけた頭で、「モジャ倉」と子どもたちから呼ばれている。
そんな中、やがて秘書となる美山理香(深津絵里)がやってくる。
総理への道へ、人生がCHANGEしていく…。

さて、ここで気になるのは、
「小学校の教員がなぜ政治家へ転身しなければならないのか」、
というもっともらしい設定はどんなものかということ。
また、政治家としての木村拓哉にとっての道具は何か?
さらに、木村拓哉の敵となる存在の設定は?
彼を担ぐ人間、
彼を操ろうとする人間、
はたまた潰そうとする人間…。
それぞれの立場の人物たちとの関わり方も気になる。
change6.jpg

現在、日本の政治はねじれてしまって、まったりとした停滞感の中にある。
最年少総理大臣となる木村総理が、
つい感情的になってしまう橋下大阪府知事のように描かれるのもなんだかなぁではある。
38歳という史上最年少の知事を誕生させた大阪府民の選択が、
吉と出るか、
凶と出るかはまだわからない。
けれど、トップに立つ人物の不安定な人間性とその感情の揺れを
はらはらしながら見守らざる得ない。
大阪府民にとっては、日々けっこうしんどいストレスになっているのではないだろうか。

政治家には道具も敵も見えにくい。
現在、36才の木村拓哉がどう演じてくれるのかが楽しみだ。
そして、海猿・ガリレオ・HEROとヒットを連発しまくっている脚本の福田靖さんの腕の冴えを
期待したい。きっと予想もしていなかった何かをやってくれるはずだと思う。
--------------------------------------------------------------------------
■感謝と訂正について
「木村拓哉さん」というタレントさんは、やっぱり凄い人で、
このブログの記事にたくさんの管理人あての励ましのお言葉などをいただきました。
本当にありがとうございます。
また、その中で、mana様から、「武士の一分」のエピソードについて、
「太秦でのエピソードは「1/47」ではないでしょうか?」というご指摘をいただきました。
確認したところ、そのご指摘通り、「忠臣蔵1/47」での出来事でした。
勘違いでしたので、ファンの方にお詫びして訂正いたします。
また、ご指摘についても勉強になりました。感謝いたします。

-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/05(月) 11:52:06 | | #[ 編集]

なるほど、「道具」と「敵」・・・ですか!
確かに今までの彼の作品を見てみるとうなずけるところですね!
「武士の一分」はTV放映で観ました。私には彼の強すぎるオーラがまぶしすぎて、とても映画館の大スクリーンでは耐え切れそうもありません・・・。そう思い、周りの評判を聞き流し、映画館に足を運びませんでした。オーラの強さばかりが表面に出て、肝心の演技力とか彼自身の魅力とかが入ってきません。その点から言うとキムタクって損してるなあ・・・なんて思ってしまうのです。
男性としての魅力は、他の、いわゆるイケメン俳優と比べると異色ともいえるものを持っていると思いますし、彼自身もそれを自覚して角度を取っているように思えます。
今度の新ドラマ、hinamiraiさんの見方で行くと、どんな武器を出してくるのか楽しみですよね!
2008/05/05(月) 23:51:58 | URL | しいちゃん #-[ 編集]
はじめまして
こんばんは、ご訪問有難うございます。
熱いブロブで、時を忘れます。
キムタクか好きなので、真剣に見入ってました。
また来ます。頑張ってください!!
2008/05/06(火) 21:54:11 | URL | 応援笑社・筆笑長 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。