舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『カンフー・パンダ』(Kung Fu Panda)を観た。
映画『シュレック』、『マダガスカル』などのシリーズなどに続く、
ドリームワークス社の最新作ですね。
ちょっと皮肉っぽいひねりがある笑いと小ネタがいっぱいだった『シュレック』や、
どことなくブラックな笑いが入っている『マダガスカル』と比較して、
今回の作品は、実にシンプルで分かりやすく、親しみやすい作品になっている。
パンダなのに、やがてはカンフーのヒーローになるパンダのポーの設定がいい。
カンフーパンダ7
そして、マスターファイブの動物たちが披露するカンフーの型は、
それなりにリアルだ。
制作の段階で、モーションキャプチャーも一切使用しておらず、
すべてCGによる作画というから驚きだ。

とにかく
「虎拳」「猿拳」「鶴拳」「蛇拳」「蟷螂拳」「豹拳」と、
使い手の動物たちに合わせた本格的なカンフー技は見応えがあった。
カンフーパンダ14
そんな優れたCG技術の上に、
上品な絵柄が素晴らしい。
特に、聖なる桃の木あるカンフーの聖地の描き方は、
アクションとは別に、
中国の文化、その精神性に対する敬意なども感じられるような美しさだった。
ちなみに、アニメーションを担当したスタッフたちは、
実際のカンフーの型や動きのメカニズムを理解するため、
太極拳のクラスやカンフー教室に実際に通ったのだそうだ。
またさらに、スタッフたちは1970年代から1980年代の香港カンフー映画から、
最新のアジア映画まで研究し尽くしていたという。
制作時間は、およそ4年6か月。
制作スタッフ総勢448人が、
全力で取り組んだ結晶、それが『カンフー・パンダ』だ。
カンフーパンダ12
これまで自主制作映画が多く、初めてハリウッドの大作を手がけたオズボーン監督は、
インタビューで、自主制作映画との違いについてこう語っている。
「一番の違いは、才能のある多くの人たちと一緒に仕事をするということでした。
みんなそれぞれが映画のことを真剣に考えている。
そういう人たちと気持ちをひとつにしなければいけなかったんです。
"この映画をみんなで作るんだ"、
"いい映画を作るんだ"と、
みんなに信じさせることが大切だと感じました。
またそういった協力体制を一貫させて、
継続させていくことが重要なんです。それが大変でした。」

今回の『カンフーパンダ』のテーマは、「信じること、それは奇跡を起こすこと」。
それが、実際の制作現場においても同じタイプの奇跡を
監督は引き起こそうとしていたようだ。

今回の作品の内容はシンプルではあるものの、
脚本のつくりが非常に良いように思える。
カンフーパンダ3
-----------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ

中国の奥深くにある“平和の谷”には、一つの伝説があった。
翡翠城の奥に眠る「龍の巻物」の奥義を得た者は、
史上最強の龍の戦士になれるという。
パンダのポーは、父のラーメン屋を手伝いながら、
カンフーマスターに強い憧れを抱いているいわばカンフーおたく。
しかも、食いしん坊で不器用なパンダのポーにとって、
カンフーは縁遠い存在。
そんなポーが、
偶然にも?、伝説のカンフー戦士“ドラゴン・ウォリアー(龍の戦士)”
に指名されてしまう。
伝説を信じるパンダのポーは、
ぶよぶよのメタボ腹に加えて運動神経はゼロ、
師匠であるシーフーも、
最初は彼が伝説の戦士になれるとは全く信じていなかった。
さらに、厳しい訓練を開始しても、
そのダメダメぶりにあきれかえるマスターファイブの面々。

そんなある日、
平和の谷に危機が訪れる。
極悪カンフー戦士のタイ・ランが刑務所を脱獄し、
龍の巻物を狙って谷に向かっているというのだ。
タイ・ランは、かつてはシーフーの弟子であり、
息子のように愛されてきた男だった。
しかし、
「龍の戦士」に指名されなかった無念さから、
破壊衝動に身を任せ、憎悪と復讐だけの存在と化してしまっていた。
マスターファイブたちが束になってかかっても、打ち倒せない強敵タイ・ラン。
迫り来る脅威。
あのぐうたらのポーは、
真の龍の戦士となり、タイ・ランを倒すことができるのか?
----------------------------------------------------------------------------
カンフーパンダ6
この脚本の中で、
カンフーの聖地で語られるシーフー老師(ダスティン・ホフマン)と
ウーグウェイ導師(ランダル・ダク・キム)との会話がいい。
指導者として、
相手である弟子の可能性を「信じる」ということの重さを知っているウーグウェイ導師と、
過去に弟子を「信じ、見抜くこと」ができなかったシーフー老師との対比。

風に流され舞い散る桃の花びらは、美しく、
高い境地がそこにあることを映像で表現してくれた。

やがてシーフー老師は、ウーグウェイ導師の言葉を信じ、
一見ダメダメに見えるポーの中にある長所を拠り所として、訓練に向かう。
ポーの食い意地の汚さ、その短所とも思える部分にこそ、
長所の芽が隠れていたというのが、なかなか良い。

そして、無限のパワーを与えるはずの奥義が書かれた秘伝書「龍の巻物」が、
実は白紙だったという、ありがちではあるけれど、それが実にいい。
その白紙ということの意味が、
かつての指導者であったシーフー老師を憎み、他に力の源を求めたタイ・ランと
鈍くさくて不器用でも、自分の内側にある可能性を信じて戦った主人公ポーとの
見事な対比構造につながって行く。
カンフーパンダ10
「自分を信じること」
「心の内側にある真の自分に辿り着くために、素直にひたむきに生きること」
そんなメッセージが格闘シーンの中でさえもシンプルに描かれていた。
成功とは、
本来の自分であることに満足できる素晴らしい機会を得られることであり、
誰もが自分自身の個性を最高のものに伸ばすことができるのだと。
アクションと笑いの中から、充分にその思いが客席に伝わってきていた。

食いしん坊で、ぐうたらでまるまるしたパンダのポーが、
カンフー・マスターである“龍の戦士”に選ばれ、
厳しい訓練の末に、強くたくましく成長していく物語。
それは、
「ヒーローは自分の内側に存在している」という物語とも言える。

未来のある子供たちと、
自信をなくしている大人たちに、ぜひ観てもらいたい作品だ。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
カンフーパンダ8
-----------------------------------------------------------------------------
■ 声優(オリジナル版と日本語版)

ポー:ジャック・ブラック 、山口達也
シーフー老師:ダスティン・ホフマン、笹野高史
マスター・タイガー:アンジェリーナ・ジョリー、木村佳乃
タイ・ラン:イアン・マクシェーン、中尾彬
マスター・モンキー:ジャッキー・チェン、石丸博也
マスター・カマキリ:セス・ローゲン、桐本琢也
マスター・ヘビ:ルーシー・リュー、Megumi
マスター・ツル:デヴィッド・クロス、真殿光昭
ウーグウェイ導師:ランダル・ダク・キム、富田耕生
-----------------------------------------------------------------------------
■ やたらと詳しい英語版のあらすじ
Po (Jack Black) is a panda who works in a noodle restaurant owned by his goose father
Mr. Ping (James Hong). He is a kung fu fanatic with secret dreams of becoming
a great master in the discipline, however his weight and clumsiness seem to make
his goal unattainable;
Mr. Ping hopes instead that Po will one day take over the restaurant, and waits for
the perfect opportunity to disclose the secret ingredient to his family's noodle recipe.

The tortoise Master Oogway (Randall Duk Kim) has a premonition that the evil snow leopard
warrior Tai Lung (Ian McShane), the former student of his own protégé, the red panda Master
Shifu (Dustin Hoffman), will escape from prison and return to threaten the Valley of Peace.
While Shifu sends Zeng (Dan Fogler), a messenger goose, to Chorh-Gom Prison to have
the security increased, Oogway orders a formal ceremony to choose the mighty Dragon Warrior who can defeat Tai Lung. Everyone assumes that one of the Furious Five
— Tigress (Angelina Jolie), Monkey (Jackie Chan), Mantis (Seth Rogen), Viper (Lucy Liu),
and Crane (David Cross) — a quintet of supremely skilled martial artists trained by Shifu,
will be chosen for this honor.

While the Five demonstrate their skills at the ceremony, Po arrives too late and finds himself
locked outside the walled palace square. As a last-ditch attempt to get in, he ties several
fireworks to a chair and ignites them, which sends him crashing into the center of the arena.
Inspired by this sudden appearance, Oogway designates Po the Dragon Warrior.
Despite Po's protests and Shifu's pleas to reconsider, Oogway stands by his decision.

Revolted at having Po under his tutelage, Shifu attempts to make him quit by berating and
humiliating him. The Five similarly dismiss Po as a worthless interloper. Although he becomes
aware of Shifu's true intentions and is deeply hurt by his heroes' disdain for him, Po endures
their abuse willingly for the dream to become something more than the failure he thinks he is. Master Oogway, still certain that Po is the right choice, gives him sage advice to believe in
himself. Eventually, Po endears himself to the Five (except for Tigress) with his tenacity,
good cooking, and sense of humor. At this time Tigress reveals to Po how Tai Lung came to be so evil. Shifu raised him from a cub and treated him like a son. When Oogway refused to make
Tai Lung the Dragon Warrior, he became enraged and laid waste to the Valley.
He then tried to take the dragon scroll. Shifu tried to stop him, but could not bear
to destroy what he had created. Tai Lung was defeated by Master Oogway and imprisoned.
Tigress ends her story by saying that Shifu loved Tai Lung like he never had before, or since.
カンフーパンダ2
Meanwhile, Zeng's errand backfires when a tour of the prison given to him by the overly
confident head of security, Commander Vachir (Michael Clarke Duncan), inadvertently
enables Tai Lung to escape. Tai Lung orders Zeng to send word of his arrival to Shifu.
In the Valley of Peace, Oogway passes away and ascends to the heavens, leaving his final wish
that Shifu train Po. However, upon learning of Tai Lung's return, and realizing that he has to
face the evil warrior, Po attempts to flee. Shifu stops the panda and promises to train him
if he is truly destined to be the Dragon Warrior. When Po confesses his belief that he may
never be a match for Tai Lung, Shifu is at a loss for a solution. Overhearing this argument,
Tigress takes it upon herself to intercept Tai Lung, and the rest of The Five follow her
to assist. The following morning, Shifu discovers that Po is capable of impressive physical
feats when motivated by food. He leads Po to the countryside for an intensive training regime
in which Po is offered food as a reward for learning his lessons. As Shifu hopes,
Po swiftly becomes a skilled combatant.

The Five battle Tai Lung but are eventually defeated with a specialized nerve-striking
technique, and they retreat to the valley. When they return, Shifu decides Po is ready
to face the villain and gives him the sacred Dragon Scroll, which promises great power to
the possessor. When Po opens it, he finds nothing but a blank reflective surface. Stricken
with despair at the scroll's apparent worthlessness, Shifu orders his students to lead
the villagers to safety while he stays to delay Tai Lung for as long as he can.

As Po participates in the evacuation, he meets his father, who tries to cheer him up by
telling him the secret ingredient of the family's noodle soup: nothing.
Things become special, he explains, because people believe them to be special. Realizing that is the very point of the Dragon Scroll, Po rushes off to help Shifu. At this time,
Tai Lung arrives at the palace. He blames Shifu for not granting him the title of
Dragon Warrior just because Master Oogway did not choose him, and the two begin to fight.
For his part, Shifu is crippled by his profound feelings of guilt and responsibility for his
former protégé, whom he loved and raised like a son, turning to darkness.
カンフーパン4

When Tai Lung discovers that the Dragon Scroll is gone, he attempts to kill Shifu in anger.
But before he can, Po finally arrives and challenges him. Although Tai Lung scoffs at
Po's abilities, the ensuing fight proves Po to be a formidable opponent. Despite Po's skill,
Tai Lung temporarily stuns him and gains the Dragon Scroll, but is unable to understand its
symbolism. Po tries to explain the wisdom of the scroll to Tai Lung, but the frustrated
leopard tries to subdue Po with his nerve strikes. The attack proves useless on the panda,
as his nerves are difficult to find due to his body fat. Emboldened, Po counter-attacks with
an improvised combat style that takes advantage of his girth to absorb and deflect
the force from Tai Lung's attacks back at him. In the end, Po uses the Wuxi Finger Hold
on Tai Lung (a technique Shifu had previously threatened to use on Po), destroying him
in a large explosion of golden light that ripples through the valley.

The Five return to the valley to investigate and find a slightly dazed but triumphant Po.
Deeply impressed by Po's victory, Tigress leads the Five to acknowledge him
as a Kung Fu master. Po suddenly remembers that his teacher is badly wounded,
and rushes back to Shifu. At first the master appears to be dying, and Po panics.
But it turns out that he is only resting after such a terrible battle with Tai Lung.

At the end of the credits,
Shifu and Po are seen eating together by the sacred peach tree.
A peach seed planted by Shifu before Oogway's passing has sprouted into a new plant.
-----------------------------------------------------------------------------
カンフーパンダ9

スポンサーサイト
コメント
見ましたよ。
カンフーパンダ私も日曜日に見に行きました。とっても面白かったです。映画は面白いのが一番です。
2008/07/30(水) 10:39:46 | URL | SDSスタッフ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。