舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、映画『幸せの1ページ』について。

『幸せの1ページ』の原作は、 『秘密の島のニム』(原題Nim's Island)。
ウェンディー・オルー作の児童文学なんですよね。
彼女は、カナダ生まれのオーストラリア在住の児童文学者。
彼女の著書はすでに世界16カ国で出版されているという。
幸せの1ページ 9
-----------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ

世界中に翻訳されているベストセラー冒険小説家の
アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、
その主人公とは真逆の性格。
なんと対人恐怖症で外出恐怖症であるうえに、
そして極度の潔癖症のために引きこもりの生活をしている。
家の中でも、頻繁に手を消毒しなくてはままならない。
まったく自分が書くヒーロー、アレックス・ローバー(ジェラルド・バトラー)とは,
正反対の生活だ。
そんな中で、
ヒーローが火口に投げ入れられるというような設定を考えていたところ、
ネットの検索で、
ふと孤島の火山のふもとで暮らす海洋生物学者ジャック(ジェラルド・バトラー)の
記事に興味を惹かれる。
早速、ジャックにメールを送って協力をあおぐことに。
幸せの1ページ 1
そんなアレクサンドラの住むサンフランシスコから、
遠く離れた南の島では、
おてんばな女の子、ニム(アビゲイル・ブレスリン)が、
父ジャックと二人暮らしをしていた。
美しい海と森の中で、元気いっぱいに遊んでいる。
そんなニムは、
冒険小説のアレックス・ローバーの大ファン。
幸せの1ページ  7
ある日、
父ジャックは、新種のプランクトンを採取するために船旅に出かけることになった。
ニムは、ひとりぼっちの留守番も、
親友のトドのセルキーやトカゲのフレッドと一緒なので大丈夫。
そして、アレクサンドラからのメールを受け取ったニムは、
送信者の“アレックス・ローバー”という名前を見て、びっくり。
ニムをジャックの助手だと勘違いしたアレクサンドラは、
小説に使えそうなネタをニムに質問していく。
こうして始まった二人の交流。
突然、激しい台風がその海域で猛威をふるい始める。
まずいことには、船が難破したジャックと連絡が取れなくなってしまうニム。
不安になったニムは、アレックスに
「自分を助けにきて!」とSOSのメールを送信。
また、ニムが幼い子供だと知ったアレクサンドラは、
警察に電話してニムを助けようとするが相手にされないし、
もちろんフィジー政府にはまったく信用もされない。
アレクサンドラは、
一大決心をしてニムの島に旅立つことに!
さぁ、アレクサンドラは無事にニムのもとにたどり着くことができるのか?
-----------------------------------------------------------------------------
幸せの1ページ 10
なぜか大御所女優のジョディ・フォスターが出演しているけれども、
この脚本は、やっぱり児童文学のストーリーの域を越えていないのが残念。
まっ、とは言うものの、
ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバーが、
対人恐怖症で外出恐怖症で潔癖症であるという設定がそれなりにいい。
もちろん、大人の読み物にするなら、
彼女が引きこもりになってしまった悲惨な原因なんかもきちんと描くべきだし、
また、海洋生物学者親子の履歴にも何らかの傷があってほしいものだが…、
なにせ少年少女向けなので、
一切合切、そのあたりのプロットは淡くほんのりと処理されてしまう。
幸せの1ページ11
ただ、自己啓発本や勉強本のブームにあおられて、
ふらふらとその手のたぐいを何冊も読んでしまっている今日この頃、
自己変革の難しさを感じつつ、
主人公のアレクサンドラ・ローバーを観ていると、身につまされる気分になる。
引きこもりの彼女が、自分の家のドアを開け、
新しい一歩を踏み出す瞬間はベタで滑稽であっても素敵だ。
ついでにジョディ・フォスターが、
ほとんどやったことのないコメディーに挑戦しているのもいい。
シリアスものが似合う不器用で真面目なタイプの彼女が、
慣れないおちゃらけやアフリカン(コニカ)ダンスを踊っているのも、
主人公の自己実現のドラマと重なって、なんだか涙ぐましい。幸せの1ページ 3 
また、ニムのいる南の島へ行く道中でも、
想像上の冒険家アレックス・ローバーとの会話というか自問自答が楽しい。
ユング心理学だと、理想の異性ともいうべきアニムス的な存在に対して、
ぶつくさ文句を言いながらも南太平洋の小島を目指す中、
彼女の荷物がどんどん無くなっていくというのもシンボリックだ。
無駄に多い缶切り、手袋、帽子、無意味な消毒スプレー、
お気に入りのスープ缶…、そして、ボストンバッグそのものが海の藻屑となって…。
虚飾を取り払った本人だけが島に辿り着く。
彼女の存在を形成していた物との関係性が、どんどん純化されていく。
しかも、最後は海に沈みかけた自分を助けたのは、自分より年下の少女ニムだった。
助けるべきはずの者に助けられる…、いやはや。
結局、彼女の心の中にあるコンプレックスがすべてかなぐり捨てられた時、
想像上の英雄アレックスもまた消える。
こういう部分は好きですね。
幸せの1ページ 6
ちなみに、
ジェラルド・バトラーが、ニムの父親ジャックと、
想像上の冒険家アレックス・ローバーの二役を演じ分けているんだけど、
なぜか気がつかない人も多いみたいだ。
ジェラルド・バトラーは、相変わらず逞しいが、ちょっと太ったかなぁ。
「スリーハンドレッド」に出演していた頃の方が、当然精悍だった。
幸せの1ページ 4
この『幸せの1ページ』という映画の主演は、ニムを演じるアビゲイル。
人によって好みの差がでそうなタイプの少女だが、熱演している。
しかも、撮影に入る前まで、思いっきりの都会っ子だったのが、
クランクアップする頃には、野生児と化していたという。
「ニューヨーク育ちの都会的な女の子から、
本物のアクション女優へと変化を遂げた」と。
作品の中でも、
成長する少女の頼もしさみたいなものが上手に表現されていた。
それというのも、
この作品の風景が、やたらと美しい。
砂浜や熱帯雨林のジャングル、火山、珊瑚礁、
そして海そのもののロケーションが素敵だ。
実際に、撮影が行われたのは、
オーストラリア・クイーンズランドのゴールドコースト、
ヒンチンブルック島だそうだ。
ニムの笑顔とそんな美しい風景をスクリーンいっぱいに見ていると、
つい柄にもなく扉を開けて、
アレクサンドラのように、
自分を変える最初の第一歩を踏み出したくなる。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

幸せの1ページ 2

-----------------------------------------------------------------------------
■やたらと詳しい英語版のあらすじ

Nim (Abigail Breslin) is an 11-year-old girl, whose mother has died. Her father said she was swallowed by a Blue Whale after it was scared by a ship called the Buccaneers. She lives with her father Jack Rusoe (Gerard Butler), a marine biologist, on an island in the South Pacific. She has some local animals for company: Selkie the Sea lion, Fred the Bearded Dragon, Chica the Turtle, and Galileo the Pelican. Jack goes by boat on a scientific mission of two days to find protozoa Nim (a new species of plankton); he wants to take her along, but she convinces him that she can manage on her own on the island; they will be able to communicate by satellite phone.

Nim, who is fond of Alex Rover adventure books written by Alexandra Rover (Jodie Foster), receives an email addressed to her father with an inquiry about his field of knowledge. The sender "Alex Rover" seems to be the explorer, but is actually Alexandra, a neurotic San Franciscan who constantly sees her character Alex Rover (also Gerard Butler). An email conversation follows, where Nim first poses as her father's assistant and then goes to the volcano on the island to see whats inside it and is hurt in the process.
幸せの1ページ 8
Jack suffers a shipwreck, which makes it impossible for Nim and Jack to communicate. Also, he does not return on the planned date. Throughout the movie, Galileo brings Jack things he needs to fix his ship. Nim explains the situation to "Alex". Although she suffers from agoraphobia and therefore never leaves the house or even opens the door, she travels to the island to rescue Nim.

The island is visited by tourists, taken by Nim to be pirates. Without exposing herself, she scares them away by shooting animals at them. One of the tourists, a spoiled rich boy named Edmund, follows her and sees her. He is confused by her presence, and believes her to be another tourist. But when he tells the others, he isn't believed and punished severely by his parents for leaving them. The tourists leave. Alex arrives by helicopter at the tourists' boat and tells about her rescue mission. The tourists do not believe that a girl is on the island, but Edmund tells her what he had seen. Encouraged, Alex goes to the island and is saved by Nim from drowning. At first Nim doesn't want her to stay, but eventually allows her. Later Jack arrives on a raft still holding the plankton and he and Alexandra fall in love.
----------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。