舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮藤官九郎4年ぶりの監督作『少年メリケンサック』について。

宮藤官九郎って、希有な才能の持ち主ではある。
この人と同じような感覚の持ち主というのは、いそうでいないじゃないだろうか。
とにかく、
ある一定の題材をお笑いに変える独自の方程式を持っているのではないかと思う。
今回の題材は、パンクロック。
もともとパンクって、反逆と反骨精神の一種の表現みたいなものですが、
『少年メリケンサック』は、どっちかというとマニアックなタイプかな。
ピストルズなど、懐かしいと言えば、懐かしい1980年代の風俗ですね。
少年メリケンサック 2
『少年メリケンサック』では
あの宮崎あおいが中年パンクバンドを相手に、
まぁ見事なほどにいろんな表情を見せてくれる。
アキオ(佐藤浩市)からは
「ウ○コ女!」と言われ続け、
ついでに足蹴にされたうえに、殴られたりもする、
結局、ハルオ(木村祐一)からは、ホントに牛の糞まで顔面にぶつけられてしまう。
バンドの移動の車中では、おっさんたちのオナラに苦しめられ、叫び、泣きわめき、
ぐだぐだに酔っぱらい、メロメロに彼氏にいちゃつく栗田かんな(宮崎あおい)。
そんな演技を嬉々ととして、宮崎あおいはやっている。
しかも、この撮影は昨年の3月17日にクランクインし、5月に撮影終了したという。
あの超フォーマルな『篤姫』の撮影との掛け持ちをしていたわけで、
よくバランスをとってお仕事をしていたもんだと思う。
それとも、いいストレス発散の場になっていたのだろうか。
少年メリケンサック  7
さて、
メイプルレコード会社で新人発掘を担当する栗田かんな(宮崎あおい)は、
契約期限切れ寸前のOL。
新人発掘をする中、ネットでパンクバンド「少年メリケンサック」を発見する。
バンドのサイトをたどって、働き先を訪ねてみると、
そこには五十歳過ぎの男(佐藤浩市)が酔いつぶれていた。
かんなが見たのは、バンドの25年前の映像だったのだ。
その男アキオは、かんなを相手にくだを巻くやらゲロを吐くやら…、
ホントにもう汚いことおびただしい。
でも、会社がバンドの動画を配信すれば、アクセスは急上昇。
しかも、中年バンドとは知らない社長(ユースケ・サンタマリア)は
「少年メリケンサック」のデビューに積極的。
自分の未来を賭けて、かんなは、
4人の中年パンクバンド「少年メリケンサック」とともに、全国ツアーへ!
とまぁ、こんな感じのあらすじ。
少年メリケンサック 5
舞台挨拶などで、「兄弟の愛憎劇をやりたかった」と宮藤監督は語っているが、
もともと彼の手法は、異質なもの同士を組み合わせて起きる笑いの化学変化が持ち味。
三谷幸喜が、ドラマの主人公たちを特殊な「~をせざる得ない」という状況に追い込んで、
笑いをとるのとは、別な道をたどってきている。
とにかく奇想天外な発想には驚くばかりだ。
これまでの作品でも、そんな異質な組み合わせによる「“そんなバカな!”みたいな内容」が
盛りだくさんに入れられている。
少年メリケンサック 6
たとえば、
●祇園の舞妓と野球拳をしたいという夢を追い求めるために
 そこまで阿部サダヲはやってしまうのかという「舞妓Haaaan!!!」

●愛する留美子は抜群の記憶力を持つ中年男の田町と衝突し、時々いれかわってしまう。
 数々の困難を乗り越えるバカカップルに幸あれ!!という「ぼくの魔法使い」

●「タイガー&ドラゴン」にしても、
 長瀬君の落語の世界(江戸時代)と現在進行形の物語が、バカバカしくもリンクする。
ヤクザが落語を真面目に追求するという発想がいい。

●はたまた、キャストの名前に以下のようなアルファベットがついていて、
 A 赤羽伸子(タクシー運転手) - 小泉今日子 B 別所秀樹(振付師) - 及川光博
 C 千倉真紀(脚本家) - 森下愛子      D 土井垣 智(声優) - 松尾スズキ
 E 江本しおり(アナウンサー) - 酒井若菜  F 船越英一郎(俳優) - 船越英一郎
 G 蒲生 忍(マンハッタンのアルバイト) - 塚本高史
 Aから始まる恋愛相関図が複雑に絡み合う「マンハッタンラブストーリー」

●満腹になると周りの人の20年後を予見できるという、変な超能力?を持った塾講師を
 深田恭子が演じた「未来講師めぐる」
少年メリケンサック 10
個人的に思うには宮藤官九郎さんの本当の持ち味は
発想の奇想天外な派手さもさることながら、
本当は地味な根気のいる「緻密さ」なのではないだろうか。
これまでの作品から類推するに、
彼はとりあえずなるべくバカみたいな無謀な設定を
シナリオを作る最初の段階でするんだろうとは思う。
特に、各シーンでやっていた笑いのネタがどこかで、
意味ありげに関連させるということにも、かなり神経を使っている。

たとえば、恋人マサル(勝地涼)の薄っぺらで、無味無臭の歌に辟易して、
自販機で何かを買おうとした時に、
手のひらにあるたくさんの500円玉の山を見つめるかんなのシーンなどは、
まさにクドカンの作戦成功という感じなわけだ。
(500円玉は、おっさんたちが車中でオナラをする度に罰金としてとりあげたもの)
無味無臭のアイドルふうの歌と人間臭いパンクとの対比を
「オナラ」の小ネタの笑いを連続させたことによる着地場所として用意するわけだ。
なるほど、
クドカンの意図的な小ネタの笑いの連続性を利用して、
ゴールを決めるパターンは、よく観ると随所に発見できるのだ。
少年メリケンサック 8
今回ならば、
かんな役の宮崎あおいと社長役のユースケ・サンタマリアとの、やり取りは見事だし、
常に次につながるフリが密かに仕込まれている。
メンバーのアキオ(佐藤浩市)とハルオ(木村祐一)兄弟の青年時代の仲違いは、
今回のドラマの縦軸として上手に伏線もはっていてご立派。
宮藤官九郎のパンクバンド「グループ魂」でドラムを担当している三宅弘城も、
痔もちのドラマー?(こういう細かさがクドカンらしい)として、いい味を引き出した。
また、田口トモロヲ演じるジミーは、
兄弟げんかのもらい事故による言語障害という設定プラス、
本人自身の妙な怪演で変な存在感がある。
しかも、ジミーが歌う「ニューヨークマラソン」の歌詞が
最後にはっきりしてオチになるなんてな技もやっている。

下品であろうとお下劣であろうと、
笑いの小ネタを次々に繰り出しながらやってくるので、
125分間があっという間に過ぎてしまう。
少年メリケンサック 9
ちなみに問題点なのは、
これは宮藤官九郎さんの脚本家としての資質にあるんだろうけれども、
彼の作品を何度も繰り返して観たいとは思えないということが実は気になる。
(不思議なことに、三谷幸喜の作品はものによっては何回か観られる物もある)
何度も笑わせてくれるのはいいけれど、結局何も残らない。
それが「お笑い」の本質なのか、
それとも決定的な何かが欠けているのか…。
そんなことがやたらと気になってしまう。
まさに今回のキャッチコピーの「好きです! パンク! 嘘です!」というような感じ。
『少年メリケンサック』という映画自体が、
一種のパンクロックの変形なのかもしれない。
パンクロックのコンサートで、
むやみやたらに大騒ぎをした後の虚しさと同質の感情と疲労が、
映画館を出た様々な観客たちの顔に浮かんでいるような気がする。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

少年メリケンサック 3





スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://butainoneiro.blog117.fc2.com/tb.php/162-ad73be30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。