舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、映画『昴-スバル-』について。

「天才は万人から人類の花と認められながら、
いたるところに苦難と混乱を惹起する。
天才はつねに孤立して生まれ、孤独の運命を持つ。」~ヘルマン・ヘッセ

曽田正人さんの漫画『昴-スバル-』(週刊ビッグコミックスピリッツ連載)が、
とうとう映画化されてしまった。
漫画を原作にしたTVドラマも映画も、
昨今やたらと多いけれども、
ファンにとってはその世界観が上手く反映されない場合が多いわけで、
『昴』もあまり原作のイメージを追わない方がいいのでしょうね。
昴 11 
とりあえずスタッフは充実しているし、それなりの特徴がある。
『グリーン・デスティニー』『HERO』のビル・コンがエグゼクティブプロデューサー、
『不夜城 SLEEPLESS TOWN』のリー・チーガイが監督ということで、
ほとんどが中国人の撮影チーム。
要するにおもいっきりアジアに向けての輸出用仕様という感じ。
(実際、日本での公開をスタートとして、中国・日本・香港・シンガポールで上映予定)

主演はもちろん黒木メイサ。(1988年5月28日生まれで沖縄県名護市辺野古区出身)
この人の顔って、実に独特だと思う。
ある種の戦闘性や苦悩とでもいうような表情が、
普通の状態でもにじみ出ている感じで、
ふだん彼女のそばにいる人たちはちょっと疲れるんじゃないだろうか。
ただ、映画や舞台などでのシチュエーションがぴたっと決まると、
たとえセリフまわしは下手でも、
その存在感だけで、ドラマ全体の雰囲気を支配してしまうタイプの女優でもある。
昴 12
エグゼクティブプロデューサーのビル・コン(Bill Kong)氏によると、
主演女優さがしは、2005年からオーでションを行ったものの、
何百人の応募者を見ても、どうも決め手に欠けて、
ずるずると決断がつかないままになって困っていたという。
その後、無理を承知で、やむを得ずアメリカやヨーロッパなどで、
バレエを習っている日本人にもあたってみるなどのこともしたのだそうだ。
だが、それでもだめで1年の歳月が流れた。
あずみ
最終的には、
2006年前半に、舞台「あずみ」での主演をしていた黒木メイサを観て、
「やっと我々のすばるが見つかった!」ということで、
一瞬のうちに決定したと語っている。
だが、ダンスはそれなりにアクターズスクールでマスターしていて、
そこそこに上手いけれども、バレエについてはずぶの素人の黒木メイサ。
そのため、バレエを徹底的に学ぶことになった。
が、その準備期間は3カ月。
毎朝、起きるとすぐにダンススタジオへ出掛け、
7時間に及ぶ凄まじいレッスンを受け続けたらしい。
「練習後に帰宅してからもバレエのことばかり考えていました。
家でもずっとトウシューズを履いていたんですよ」と話している。
撮影が行われた中国・上海でも、
さらに現地のダンススタジオに通い、
その結果、6ヶ月あまり訓練をせざる得なかったようだ。
そんな彼女の努力も実って、
ダンスシーンはなかなか見応えのあるものになっている。
昴 6
舞台挨拶で、
「1年前に撮り終わってから、4キロ太りました。それだけバレエがきつかった」
と言っているが、本当に黒木メイサはやや太ってみえる。
切れのいいアゴのラインもぽちゃっとしかかっているわけで、
なんだかしらないけれど、これから20年たって40歳ぐらいのおばさんになった時の、
体型が崩れた黒木メイサの幻影が一瞬ほの見えるんだよなぁ。
この人、きっと太る体質なんじゃないだろうか。
華のある時期を大切にしてほしいもんだ。
つかこうへいにも愛され、倉本聰にも贔屓にされる彼女、
できれば、あの鋭い目の形にも似合うように、
体型はシャープでいてほしいと願うばかりだ。
かつて、舞台の「何日君再来 」で、
披露していたモダンダンスのソロやJAZZダンス…、
黒木メイサの舞台での動きは体のラインとともに、見事にキレがあった。
「テレサは軍事機密を握っている」と、
テレサを追う中国共産党の諜報員リン役だったが、実にはまっていた。
あのきつい眼が役柄とマッチして、存在感をあたえていた。
予想以上の演技力で、驚かされたもんだった。
それでも、まだ彼女はあの時、10代だったんだよなぁ。
昴 1
さてと、
今回の映画のおおざっぱなあらすじは…、
仲の良い双子の姉弟、宮本すばる(黒木メイサ)と和馬。
ある日和馬は脳腫瘍になって入院してしまう。
弟のために、すばるは毎日のように即興のダンスを踊る。
しかし、和馬は亡くなってしまう。
ふと足を踏み入れた小劇場パレ・ガルニエのオーナー五十嵐鈴(桃井かおり)と出会い、
いっそうダンスにのめり込んで行くすばる。
やがて、彼女は、ついに上海でのバレエ・コンクールに出る決意をする。
すばる・真奈・リズ3人の人生を賭けた真剣勝負の幕があがる。
というような感じ。
昴 7
ただ、気になるのは、
原作のストーリー展開を端折ったり、
余分な恋のネタを入れ、
さらには、韓国女優アラに、主人公すばるに対立する天才バレリーナ、
リズ・パク役を生み出して演じさせたりもしている。
女子フィギュア・スケートの浅田真央とキム・ヨナの関係を
意図的に彷彿とさせるようにしているけれども、ちょっと微妙だ。
昴 4
もちろん桃井かおりは、相変わらず桃井かおりだし、
題材がバレエだけあって、
かつて本格的にバレエをしていた経歴も大きなバックグラウンドになっている。

孤独な天才宮本すばると彼女を取り巻く人々という構図。
天才を陰ながら支援する者、
天才の才能をねたむ者、
天才の行動に翻弄される者…。
通常、天才といえば聞こえが良いが、
偏った才能の持ち主であるため、非常識であるケースが多いわけで、
平凡で道徳的な物事に対しての逸脱なんぞはざらに出現してしまう。
『昴』の主人公宮本すばるも、
ある意味、そういう天才たちの中のひとりなのかもしれない。
昴 3
だから、そんな「天才性」を描くとするならば、
監督や脚本家のセンスや人生観が問われてしまうのはしょうがないのだろう。

「すばるというキャラクターは天才という役ですが、
私が思うに、全ての人の内に天才はあるということなんです。
ですから、自分のその天才を信じ続ける、
そして貫き通すことが大切だと思います。
この作品は英語で言うと“フィールグッドムービー”という、
観ていて気持ちが上がる作品だと思います。」
と、プロデューサーのビル・コンは語っている。
昴 8

黒木メイサの演技に、内なる自分の天才を重ねて観ることができるか?
ここが問題ですね。
ちなみに、原作者の曽田正人さんは、
「ぼくにとって宮本すばるとはほとんど実在の人物であり、
こうしている間にも彼女は世界のどこかで
踊ったりトラブルを起こしたりしているのだと思っています。
フィクションならぼくの勝手に描けるのですが、
実在の人物だと思っているからこそ彼女を描くにあたり、
いつも自信がないのです。
あの時ほんとは彼女はこんなこと思っていなかったのではないか?とか
あの描き方は彼女の本当の姿ではなかったのではないか?
だからぼくではないクリエーターの方が
宮本すばるを描くとどうなるのかずっと興味があった。
この映画化は本当に楽しみです。」と言っている。

原作者ですら、「天才性」を描くことについて、
我々と同じ思いを抱いて作ってきてことがわかって興味深い。
映画『昴』は、いろんな視点で見ることができる作品だと思う。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

昴 2


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。