舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『スタートレック』が帰ってきた。
もちろん監督は、
「LOST」『クローバーフィールド/HAKAISHA』のJ・J・エイブラムス。
この人は、ホントに今の時代の波に乗っている感じだなぁ。

とにかく「スター・トレック」シリーズは、懐かしい。
もちろん自分だけでなく長い歳月を経て、
世界中にコアなトレッキーたちもいるわけだ。
振り返ってみれば、1966年にオリジナルのTVシリーズがスタートですものね。
もうかれこれ40年以上の歴史があるシリーズ作品群になってしまった。スタートレック 13
そもそもNBCネットワークにおいて
1966年から1969年まで全3シーズンが制作され放送されたとはいうものの、
本当は局の方からも、全く期待されない企画だったというし、
当然ながら、超低予算の中で作品は作られた。
たとえば、スタートレックではおなじみ「転送」なんてなシステムも、
特撮に金をかけられなかったからこそ生まれたアイディアだったというのも、有名な話だ。
そんな低予算だからこそ、
SFにしては珍しいほど、人間的ドラマの部分に演出の重点をおくようになった。
おかげで誕生したカーク船長とスポックとの「人間性」、「論理」、
「感情」などにまつわる会話なんかは、実に良かった。
また、各話ごとに、
「老い」や「時間」、「人種問題」にまつわるテーマなどなど、
けっこう今でも通用するエピソードが成立していたんだよなぁ。
スタートレック 8
日本では、当初『宇宙大作戦』と名付けられて放送。
このかつてのスタートレックの配役は以下の通り

ジェームズ・タイベリアス・カーク、(ウィリアム・シャトナー)
スポック(レナード・ニモイ)。
レナード・マッコイ(ディフォレスト・ケリー)
モンゴメリー・スコット(日本語版ではチャーリー)(ジェームズ・ドゥーハン)
ウフーラ(日本語版ではウラ)(ニシェル・ニコルズ)
ヒカル・スールー(日本語版では加藤)(ジョージ・タケイ)
パベル・チェコフ(ウォルター・ケーニッグ)
スタートレック
これらのスタッフは、いわばシンボリックな国連みたいなもので、
それぞれの代表的な民族のイメージがその役柄に担わされてもいたわけだ。
宇宙船の名は、エンタープライズ号。
アメリカ合衆国主導による明るく脳天気で、
夢のある未来を思い描いて作られて作品でもあった。
(現在の複雑怪奇な国際状況とは雲泥の違いだ)
スタートレック 12
「宇宙、それは、人類に残された最後の開拓地である。
そこには、想像絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない…」
若山弦蔵さんのオープニングでのナレーションも素敵だった。
そのテレビ画像を食い入るようにして見ていた子供も、
いい大人になってしまっている。
また、ウィリアム・シャトナーやレナード・ニモイなどの
役者たちも老人となってしまった。
いやはや、時の流れは早いもんだ。
ともあれ、
スタートレックの原点の作品は、予算がないため映像的にはしょぼくとも、
その精神は後に巨費を投じて制作された映画版よりも、
内容は芳醇で豊かなものがある。
だからこそStar Trek: TOS(TOS = The Original Seriesの略)と
呼ばれる価値があるのだろうと思う。
スタートレック 10

今回のスタートレックは、エピソード0とでもいうべき作品。
再び、若きカークやスポックが私たちの目の前に登場してくる。

あらすじは…。

幼い頃、惑星連邦軍艦隊の優秀なキャプテンであった父親を
亡くしたジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)だが、
父を知る人物からその英雄的な最期を聞かされ、
連邦艦隊への入隊を志願する。
しかし、カークは惑星連邦軍戦艦・USSエンタープライズのクルーとして、
宇宙へ旅立つものの、トラブル続きで、
クルー仲間のスポックから反感を買う…。

いいですね~。
スタートレック 6
JJエイブラムス監督が、スタートレックシリーズの最新エピソードを
あえて描こうとしなかったところに意味がある。
当然、原点であるテレビシリーズスタート前夜の物語から始まったということは、
新たな「スタートレック」を
これから先も次々と制作していく意図が背景にあるのだろう。

建造中の巨大な宇宙船エンタープライズ号を
見上げている若き日のカークという今回の映像がとてつもなくいい。
さまざまな物語を予感させる素敵なワンシーンだと思う。

原点の精神をふまえつつ、
まったく別の物語が今始まった。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

スタートレック 20




スポンサーサイト
コメント
佐々木希、彼氏に×××動画を…その他水着画像もあり!
PINKY専属モデルとして若い世代に大人気の佐々木希ちゃんの彼氏とのとんでもない動画が流出してしまいました。

グラビアとしても活躍する佐々木希ちゃん水着姿を見せるのも少し恥ずかしいというのに彼氏との×××動画が…

http://yhagagha.blogspot.com/
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。