舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ターミネーター 11
『ターミネーター4 』(Terminator Salvation)が、ついに公開とあいなった。
現在、カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーが、
ただのボディービルで鍛えた肉体美だけを誇る俳優ではないということを
とりあえず証明した出世作シリーズだ。
『ターミネーター』(『T1』)から続くシリーズの4作目であり、
この『T4』には、すったもんだの末に、
結局かなりの予算をかけたCGによって、
若々しいT-800の姿で登場となっている。
(もちろんご登場の際にはターミネーターのテーマが流れるのもご愛敬)
ターミネーター 1
それにしても、
最初の作品の『ターミネーター』(原題 The Terminator)が公開されたのは、1984年。
もう、25年も前になる。
『T1』を書いたジェームズ・キャメロンの脚本では、
本来的に1話完結のものだったという。
ただ、続編については、ほんのちょっぴり頭の隅っこにあったらしいのだが、
『T2』・『T3 』と物語が続けられ、
ついでにTVヴァージョンとして、
『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』まで
制作される状態になってしまっている。
ハリウッドの企画力のなさというか、節操のなさというべきか、
どっちにしても、無理やりな感じで、やむを得ず続編をつくることに携わってしまった人間は
相当大変であるのは間違いない。
ターミネーター 3
『T1』でのあらすじは、それだけでSFとしては充分素敵なものだったと思う。
反乱を起こした機械と、それに抵抗する人間が互いに戦い合う近未来、
人類側の抵抗軍指導者として一人の男が立ち上がった。
彼の名はジョン・コナー。
脅威を感じた機械は未来から現代にターミネーターを送りこんだ。
目的は人類側の指導者を歴史から抹殺するため、
後のジョンの母親となるサラ・コナーを殺害する為だった。
いいですね~、実に古典的な設定だ。

特に、個人的には『T1』のラストシーンが好きだ。

サラの目の前には砂漠を貫いて続く果てもない道。
憂いを秘めた横顔を風が駆け抜けていく。
戦いの中で鍛えられたタンクトップからのぞく二の腕。
カイルとの間の息子ジョンを宿したサラは、ジープを走らせながら、
テープに音声を吹き込んで日記を作成していく。
死んでしまったカイルの残した言葉と
未来に訪れる「審判の日」を思い浮かべて。

ひとりの女性には背負いきれないほどの悲しみ…
人類の終焉をたった一人の自分が防ごうとしているというどうしようもない不安と
それを思いつつも決然とした覚悟。
そんな諸々の感情が抑制されストイックな感じで表現されている。

ちっぽけな一人の人間が、人類全体の終焉を防ぐために、
巨大な敵に立ち向かっていくという構図がいい。
ターミネーター 7
『ターミネーター4 』(Terminator Salvation)では、
『チャーリーズ・エンジェル』のMcG(マックジー)が監督。
新3部作ということで着手することになった。ようするにさらに続編を作るわけだ。
制作費は約2億ドル(280億円)!

この作品では、
やがて人類の抵抗軍指導者となるジョン・コナーと
過去にタイムトラベルをして、ジョンの父になるカイル・リースと
謎に満ちたマーカスという機械化された人間、
三者の物語となっている。

ターミネーター 6
2018年。地球上のあらゆる都市が、
超高性能コンピューター「スカイネット」による核攻撃を受けた「審判の日」後の
荒廃した世界。
「審判の日」を生き延び、ジョン・コナーはまだ一介のレジスタンスの部隊長。
敵であるスカイネットの「暗殺リスト」に
自分の名前と、
最重要ターゲットとして「カイル・リース」の
名前があることを知った彼は少年カイルを救うべく、
スカイネットの拠点へと乗り込む。
記憶を一切を失っていたマーカスは、
自身の体が脳と心臓以外すべて機械の体と化していたことを知り愕然とする。
ジョンはマーカスをレジスタンス軍から解放し、カイルの救出へ。
しかし、彼は知らなかった。母が警告していた未来が書き換えられた事を…。
ターミネーター 8
脚本は「ザ・インターネット」「ゲーム」の
ジョン・D・ブランケットとマイケル・フェリスのコンビが中心になって作っている。
新三部作の第1話ということもあって、
次に向けての伏線やらプロットにも苦労しているのだと思う。

「スカイネットが人々を生け捕りにし、生体細胞を複製しようとしている」という設定
「記憶を一切を失ったマーカス(機械化された男)」という新しいキャラクター
などにその苦労の跡がほの見える。

ともかく、
あの駄作の誉れ高い『T3』よりは、ずっと好評なスタートをきっているわけだ。
第3部目でどんな終結を想定しているかは実に気になるものの、
お久しぶりの『ターミネーター』の世界観を楽しむのもいいかもしれない。

ホントに最近のハリウッドは、
「スタートレック」やら、「ターミネーター」なども、
かつて成功した設定やキャラクター、世界観を借りて、
物語を生み出さざる得ない状況に追い込まれているのだろうか。
一種のシェアワールドとは言っても、ぜひ、練りに練ったものを見たいものだ。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ターミネーター 4




スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/01/08(金) 16:45:46 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/24(水) 19:18:46 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/06(木) 17:11:09 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/16(水) 23:03:14 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/28(月) 13:11:24 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/13(水) 15:44:49 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/21(木) 09:30:29 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/28(木) 19:37:31 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。