舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 台本を持たずに立ち稽古できるということは、役者がセリフを暗記した状態になったということです。
 台本を持ったままでは、いつまでたっても、大まかな立ち位置を教えたり、セリフ回しについて指導したりという域を出ません。
 なぜなら、両手がふさがってしまっているために、手だけだなく全身の表情が出てきませんし、なによりも台本を読むためにうつむき加減になってしまっているので、顔の表情や視線の動きなどがまったくできない状態のままになってしまうからです。
 とりあえず、役者がセリフを暗記している状態を仮定して、次の項目について述べていきたいと思います。

 「セリフを言いながら自分なりの考えで動いてごらん」とやらせてみても、なれない役者さんは、演技しながら舞台の上を動き回ることはできません。
 たいていの場合は、舞台の一カ所にかたまってしまって、
ゴチャゴチャしたような感じになってしまいがちです。
 こういうふうになってしまうと、客席からは何をやっているのかがわかりません。
 したがって、舞台にあがっている複数の登場人物たちを、大きく分けて下手・中央・上手の三カ所に分散させてやる必要があります。その分散のさせかたについては、台本によっても違いますし、ドラマの流れの中においても流動的なものです。しかし、ポイントごとに、舞台を四角い額縁に見立てて、良い絵柄を追求すべきでしょう。

これについては、さまざまな演劇を観て目を肥やすことが一番の力になりますが、たとえば、いろいろな劇のパンフに載っている写真などを眺めた時に、人の配置の仕方に注意して見るのも結構勉強になります。
とにかく舞台に変な間があかないように、役者を動かしてみましょう。
 
 役者が上手くできない場合に、それを解消する方法としていくつかのやり方がありますので、紹介します。

①その役らしいセリフ回しができない時

最初からすべてのセリフを上手く言おうとするから、失敗するのです。
人間そんなに上手に役作りなどできるはずがないのです。いかにも棒読みで、ぎこちない言い回しは、聞いていても疲れるのですが、しばらくは我慢しましょう。その人間の手直しに時間をさくと、他の役者への指導が減りますから、劇作りのスピードが遅くなります。先に、自然と役に入れる者たちの指導をして、劇全体のテンションを高めてから、うまく言えない者の指導にあたった方が賢明です。

 ※その下手な役者の指導について
   
・その役柄のもっている特徴的な短いセリフをマスターさせましょう。
たった1行のセリフでも、その役らしい言い方ができると自然に他のセリフの言い方も改善される場合が多いようです。

・場面に応じたBGMなどを流しながら言わせると、音に合わせてしゃべりのテンポが改善されることが多いです。それによって気持ちが入って言うことができるようになると思われます。
  
  ②その役らしい動きができない人の指導
 
演技するというのも、人にとっては非常にやりにくいものなのでしょう。
まず、その役柄のその劇中での感情について、単純に指導するならば、
  ・嬉しいのか
  ・悲しいのか
  ・怒っているのか
といった3パターンしかありません。この3つのうちのどれかの表情をしていれば、だいぶ劇の雰囲気がちがいます。セリフも、これらの表情に応じて色合いが変化していきますし、動きに関しても、かなり変容してくるはずです。

また、台本を持たなくなった「手」というのが、とても扱いにくい物と感じてしまう人がでてくるかもしれません。
そんな時には、バックとかノートとかその役に応じた何らかの
「小道具」を持たせてやるといいかもしれません。
その小道具をいじりながら、セリフを言わせていくと、けっこうさまになって動けるようになる場合もあります。

さらに、その役のキャラクターについて深く考えさせたい時には、その役柄の人間がどんな人なのかを想像させることも有効です。台本には書いていなくても、おぼろげに推測できることを作文に書かせるのもいいかもしれません。
その人のクセとか趣味とか、
幼いころの傷とかとにかく何でもいいから、想像させてみてください。
それは、いわば役柄の「履歴」を考えることにつながるからです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://butainoneiro.blog117.fc2.com/tb.php/20-2e280f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。