舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




『ガリレオ』がものの見事に順調である。
いいことだ。

さて、柴咲コウは、美人なのだろうか?
ふと気になる。
福山雅治と並んで会話をしているシーンなんかを見ても、どちらかというと顔立ちが整っているのは福山くんの方である。

柴咲コウは、美形とは言えないのではないか?
どうでもいいようなことなのだが、考えはじめるとやたらと気になってしまう。
きっと資生堂の白ツバキ的なCMに参加することになれば、白いコートかなんかを纏って、さわやかに髪を風になびかせながら振り向きながら微笑むぐらいのことはするだろうし、それはそれでけっこうさまになるのではないかと思う。(最終的には似合わないかもしれないが)

人間の顔というのは、まことに不思議である。

柴咲コウさんには失礼だとは思うが、この人にとってもっとも魅力的な表情は、顔をしかめてあっかんべーをしてるような時なのではないかと思う。
にらんでいたり、怒っていたり、不満そうな表情をしたり、通常では綺麗と言われない表情のジャンルでなぜかしら魅力を放っている。

ほんとうに人間の顔というのは、不思議である。

顔の輪郭と眼と鼻と口などのエレメントがちょっと寄ったり離れたりの微妙なバランスで、なんらかの美醜を他人に表現してしまうわけで、
柴咲コウの演技を見ていると、ドラマとは無関係に「人にとっての顔の意味」ってなものを思わず考えてしまうのだ。
気になりだすと、止まらなくなるわけで、
逆に、柴咲コウにとって魅力的ではない表情というのは、「憧れ」を表しているような場合の表情なのではないかと思う。
たとえば、今回のガリレオでも、制作スタッフは福山くんにボクシングをさせている。
相変わらずあざといのだが、
パンチを繰り出す福山くんを見つめる柴咲コウの憧れでうるうるしている表情がなんともはや魅力的ではない。
本人の日常生活にあまり使っていない表情なのかもしれないが、とはいっても、なんぼテレビを見ている福山ファンの女性たちを代表して、シンボリックにそんな表情をしているにしてもだ、なぜかしら説得力がないのがこれまた不思議な感じがする。

なぜなんだろう?
ちなみに「月のしずく」などでの歌というツールを使っての声の表情は、見事だったりする。
これもなぜなんだろう?
ガリレオ本編の内容より、気になってしまう。

ちなみに、ゲスト出演の深田恭子の悪女役は、実にピッタリくる。
こういうパターンの方が本人にとってもいいのではないかと思う。
特に、
最後のシーンあたりでのいかにも悪そうな恨みがましい表情が自然に感じるのも、考えてみると不思議である。
通常の彼女が出演してしているドラマなどでよく見かけるのだが、口を軽く半開きにし、トロンとした目で甘えたセリフ言ったりしている彼女よりも、誠に人間らしい表現ができていたように感じる。

憎々しげな表情の方が、普段の日常生活の中で無意識に多く使ってしまっているからなのだろうか?

それとも、そもそも基本的に、「男に媚びる女の表情」自体が無理のあるフェイクということか。

ほんとうに人間の顔っていうのは不思議だ。
ドラマは順調で、「予知る」でもゲストの演技派塚地くんの妙なうまさが目立った回ではあった。
最後の場面で、パトカーに乗り込んだ自分を騙し続けた妻(深田恭子)
を見つめる表情が上手い。
いくつかの感情が、あの丸い顔の中に浮かんでは消えているかのように
見えた。ご立派なのでは、その実力。

とりあえず、今回のあらすじっぽいこと----------------------------
事件が起きたのは半年前。
研究室の栗林(渡辺いっけい)の友人で、食品加工会社を経営する菅原(塚地武雅)がトラブルに巻き込まれていた。
菅原の知人の冬美が「結婚してくれないなら、死ぬ」と言い残して、首を吊り自殺をしたという。
それがために菅原は、妻の静子(深田恭子)から離婚を言い渡され、多額の慰謝料を取られていた。
しかし、不思議なことに菅原は、冬美が自殺する1週間前にも同じ部屋で女性の首吊りを目撃していた。
その女性が誰だかわからなかったらしいが、
栗林は、菅原が冬美の自殺を予知していたと主張する。
しかし…。
-----------------------------------------------------------------

サントラもついに発売されています。
曲を聴きながら「さっぱりわからない」と言ってみるのもいいかもしれません。
■『ガリレオ』収録曲一覧
1 vs.~知覚と快楽の螺旋~
2 覚醒モーメント
3 KISSして(jazz ver.)
4 vs.~知覚と快楽の螺旋~(guitar×piano ver.)
5 覚醒モーメント(mid funk ver.)
6 KISSして~epilogue~(solo piano ver.)
7 探偵ガリレオ
8 帝都大学
9 燃える
10 物理学科第十三研究室
11 転写る
12 霊視る
13 湯川学×内海薫
14 予知夢



スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://butainoneiro.blog117.fc2.com/tb.php/46-cfecbb20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。