舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 すべての曲がギター1本で表現されているとは到底信じられないほどの押尾さんの演奏力。デビューしたての時から、すでに一流でした。
 演劇やプレゼンの背景として、活用できるギタープレーヤーの曲としては、ゴンチチさんのさまざまな作品もありますが…、何せ押尾さんのタッチは切れがいい。
 この「Dramatic」というアルバムに収録されている
「Splash」や「Chaser」など軽快さ、疾走感というのは並外れたものがありますね。   
 演劇ならば、何かの活動に熱中しているシルエットにかかっているとか、プレゼンなら「夏のような感じのイメージ」にピッタリ。
 ぜひ、使ってみてほしいと思います。損はありません。
 
 それにしても、デビュー・アルバム『STARTING POINT』からいきなり各方面から注目され、番組などの挿入曲の依頼などが殺到した押尾コータローさんでした。
 あれからずいぶんと時間は流れましたが、彼のアルバムに表現されているある種の「爽やかさ」は、他の追随を許さない感じがします。
 








スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://butainoneiro.blog117.fc2.com/tb.php/5-0ec7bd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。