舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




とうとう「医龍2」が終わってしまった。
一週間の中の大きな楽しみが、
またひとつ消えてしまって寂しい限りだ。
「医龍2」は、大人の鑑賞にたえるドラマだったのに、残念。
まっ、
医療関係者はどう思って観ていたかは分からないけれども、
本当にインパクトのあるドラマだった。

『ガリレオ』のオフィシャルサイトで、
視聴者のメッセージを全部読んでみると、
その感想は、福山くんがかっこいいといか、
「実に面白い」ってなものが多い。

ところが、『医龍2』の同じくオフィシャルサイトでの感想は、
「こんなにはまって観てしまったドラマは初めて」というタイプのものが主流だ。

なぜ、はまるのか?

一話完結型の黄金パターンを繰り返す『ガリレオ』と
難手術を克服するという小さな黄金パターンをしつつも、
しだいに物語が変化発展していく『医龍2』との差がそこにはある。
ようするに「次はどうなるか?」という思いを常に視聴者に抱かせつつ、
ついに物語はゴールにたどり着いた。

『医龍2』は、キャラクターのキズを素材に進んできたドラマでもあった。
-------------------------------------------------------------------

野村博人(中村靖日):対人恐怖症の臨床工学技士、医者との上下関係のトラウマ
外山誠二(高橋一生):エリートの医者の家庭でのコンプレックス、愛情の問題
平幸太朗(佐藤二朗):野心の挫折、論文の改竄、スーパードクターと呼ばれた過去
小高七海(大塚寧々):仕事を持つ女の悲しみ、母としての悲哀

-------------------------------------------------------------------
という個々のキャラクターの過去のキズを癒して、
最後に片岡一美(内田有紀)の過去の履歴が明らかになった。

誠実な医者であり、経済的なことよりも患者を優先したあげくに、疲労と貧困によって、
心臓を病み、高額な心臓移植も受けられないままに死んだ父を見つめてきた過去。
これが、片岡の現在を突き動かす動機にもなっていた。

「目の前の患者がいたら、手を差し伸べる、それが医者だ」
死んだ父の言葉と朝田の言葉が重なる。
結局、自分の行動に矛盾を感じながら片岡は、
かつての父の姿を朝田にダブらせて見守ってきていた…。
だいたいの視聴者がほぼ予想していた履歴だったわけで、
これについて文句を言うつもりはない。ちょっと安易かなぁという気も確かにするが。

ただ、全員の心の傷が解き明かされてしまった寂しさだけが残ってしまう。
それぞれの「キズやコンプレックス」を乗り越える過程を想像するだけでも、
いわば「はまる」原因の一つになっていたのだろう。
うまくできているもんだ。



そして、「医龍2」にはまってしまう最大の原因は「効果音」にある。
これほどセリフの少ない主人公もかつてないというぐらい、朝田はしゃべらない。
その代わりに、バックに流れるその曲は饒舌だ。
ほとんど曲と曲との隙間もないぐらいだ。

通常、舞台などでの演出では、
あるていど曲がない時間帯をつくらないとお客も疲れてしまうし、
くどいと感じられてしまうので、こんなに曲を多用するのは避けるのだが…。

『医龍2』では、これでもかというぐらいに曲を注入している。
画面におけるある種の感情表現をすべて「曲」に背負わせているかのようだ。
だから、朝田がしゃべらなくても、
周りのキャストのセリフと「曲」」で、否が応でも感情を伝えてしまうという手口になっている。
したがって、連続的にその感情が押し寄せてくるので、
ついその流れに飲み込まれてしまう。
それが、『医龍2』にはまってしまう大きなファクターなのだろう。

そのメインとなっているインストルメンタルの曲たちは…
-------------------------------------------------------------------
Red Dragon
緊急事態!一気に集中して、駆け込む手術室。
切開、縫合、てきぱきと動くチームドラゴンのメンバー。激しい曲の中で冷静な朝田。

BLUE DRAGON
いくつかのヴァージョンがあるが、厳しい状況に今まさに立ち向かう瞬間に流される曲。
必死にやり抜く医者に対しての畏敬の念を感じる曲となっている。
後半、晴れ晴れしいイメージに変化する。美しいメロディーラインがやってくる。

spirit
細かな旋律のシンセサイザーの音が流れる。
複雑な思い、複雑な作業、複雑な過去を包む曲でもある。

DRAGON RISES
今回の『医龍2』から多用されている。
一種の戦闘曲。激しさと力強さ、圧倒的に前に進む意志を感じさせられる。

The Origin of Silence
朝田の天才的な術式が進んでいくシーンや難手術が成功に終わる時にかけられる。
オーケストラのサウンドがチームが一丸となって難局を乗り越えた感動を伝えてくる。

Aesthetic
ヴォーカルによる人間としての「愛情」が曲の中にこめられている。ドラマの終わりあたりの病室のシーンによく使われた。

disturb
タイトル通り「disturb」、邪魔。ようするに、突発事態、難手術の上に、新たな問題が発生した瞬間によく使われる。

Rin
これは、木原のテーマといってもいいぐらい、木原のおふざけ・息抜きのシーンにかけられる。軽く明るいタイプの曲。
-------------------------------------------------------------------




さて、もう『医龍2』ともお別れなので、
記念にそんな効果音の曲がどのように配置されて流されてきたかをメモしておきたい。

-------------------------------------------------------------------
前回の軽いダイジェスト…Red Dragon
朝田龍太郎(坂口憲二)のチームの9歳の患者、音部雄太(田中碧海)に、鬼頭笙子(夏木マリ)のチームで心臓移植手術を断念した山野文彦会長(中村まこと)へのドナー心臓が譲られることになった。雄太は松平幸太朗(佐藤二朗)の執刀で生体肝移植手術中だったが、朝田は心臓移植も同時に行うことを決意する。

オープニング… Red Dragon
朝田と松平が手術室に向かう廊下で、鬼頭とすれちがう。
「やりなさい、朝田」とドナー心臓を使うことを許される。

荒瀬門次(阿部サダヲ)「これから最強のチームがそろうよ。」
手術が始まった。… spirit
大人のドナー心臓を子供の雄太に、
しかも、生体肝移植と同時に行うことはとても困難な手術。… DRAGON RISES

酷い状態の癒着…DRAGON RISES
「最速で行う。それができるの戸山と俺だけだ」
雄太を開胸すると、想定以上の癒着が判明したが、朝田は冷静に手術を進める。

ものすごい勢いで行われる癒着剥離の作業…The Origin of Silence

見学室で片山一美(内田有紀)が誠実な医者であった父のことを藤吉圭介に語りはじめる。
不遇のまま死んだ父、
「目の前の患者がいたら、手を差し伸べる、それが医者だ」
父の言葉と朝田の言葉が重なる。

見学室で片岡一美(内田有紀)が、なぜ外資に身を置くようになったかを藤吉圭介(佐々木蔵之介)に話していると、手術室で内線電話が鳴る。… disturb

受話器を取った荒瀬は愕然。ドナー心臓を取りに行った伊集院登(小池徹平)が足止めを食っているという。それを聞いた片岡は、ヘリの手配をする。
山中でさまよう伊集院が絶望感にさいなまれていると、

片岡が依頼したヘリコプターが現れた。…SPIKE

ドナー心臓は、なんとか間に合う。
だが、癒着剥離が終わりそうもない。朝田は突然、癒着剥離終了を宣言する。
「最後までやるんじゃなかったか!朝田!」、叫ぶ戸山。
ドナー心臓を持って、必死に走る伊集院…Engel und Teufel

朝田は、少ない癒着剥離で手術を進ませる術式へと変更したのだ。…SPIKE
「これより、ピギーバック変法を行う。」…grimace
しかし、見学室に現れた霧島は、この術式でも成功する確率は極めて低いと藤吉に告げる。
「成功する可能性は、0.1%だ」

一方、パーティー中の野口賢雄(岸部一徳)が、
ついに朝田たちの手術を知ることとなった。…Engel und Teufel
配下の医局員が報告したのだ。すぐさま中止を叫ぶ野口だが、
やって来た片岡に制せられる。このまま中止すれば、心臓移植は失敗。それよりも、心肝同時移植を進める朝田たちが成功すれば、日本で初めての例になるという片岡に、野口はようやく溜飲を下げる。

霧島の不安をよそに、
朝田のチームはすばやく的確に手術を進める。…DRAGON RISES
その連携は、霧島も羨むほどの素晴らしさ。そして、ついに手術を終える。…spirit
だが、一同がほっとしたのもつかの間、心電図のアラームが鳴り響く。…entlassen
手術時間が長すぎ、ドナー心臓が悲鳴を上げていたのだ。
電気ショックを与えても回復しない。
「どうするんだ?」、一瞬パニック状態の戸山

すると朝田は、両手でそっと心臓を包み触診。
「どうした?何をやっているんだぁ、朝田!」、悲痛な藤吉の声

すると、朝田はドナー心臓のさらなる手術開始を告げ、
すぐさま切開に入った。…Red Dragon
もはや無謀とも思える展開に息を呑む医局員たち。
だが、その心配は無用だった。…BLUE DRAGON
縫合された心筋は、見事に鼓動を再開する。
手術の成功は、パーティー会場で誇らしげに挨拶する野口にも伝えられた。野口は我が事のように、居合わせた人々に伝えようとするのだが…。
後ろに映し出されていた映像が、野口のスキャンダルを報じ始める。…BLACk SMILe
狼狽する野口に、別れの言葉を口にするのは、善田秀樹(志賀廣太郎)と片岡。
2人は、協力して野口を失脚させたのだった。…Eugel und Teufe

雄太をICUに運び終えた朝田と伊集院は、
山野のストレッチャーに付き添う鬼頭と会う。
山野は霧島が持ち込んだ次世代型人工心臓で一命をとりとめたのだ。鬼頭と霧島の手によっても、1人の患者が救われていたのだ。…BLUE DRAGON

数日後、綺麗に片付いた野口の部屋で、片岡は善田に経営方針の一新を伝える。明真はスケールメリットを生かした総合病院となり、地域医療は引き続き善田の北洋が行うこととなった。

生まれ変わった明真では、クリスマスパーティーが開かれる。…Rin→ Aesthetic
木原が「俺は、チームドラゴンの12番目の選手、サポーターになんるんだぁ~!」
などのお約束のお笑いシーン。
片岡も加わって、全員が揃った。
その中で、
「誰が欠けてもあの子の命は助からなかった。このチームは最高のチームだ」
と朝田。…ONE が流れる。

その後も伊集院たちは懸命な治療に励むのだが…朝田は…。
エンドロール

朝田は、渡航していた。そこに患者がいるから…。…Red Dragon
-------------------------------------------------------------------
あ~ぁ、本当に終わってしまったんですね。
もし、次回作があるなら、かつて医療支援NGOで活躍していたその現地で、「Team Medical Dragon」と呼ばれた医療チームを率いていた若き日の朝田を描いてほしいと思う。
圧倒的な手技は、はじめからできてはいなかったろうから。
スポンサーサイト
コメント

はじめまして

医龍2おいらも大好きでした。ちょっと方面違うけど

効果音ってそんなに在ったんですね。

しまった、それを知ってたらもっと面白く見れたかもしれないです

おじゃましました。
2007/12/22(土) 17:45:10 | URL | taka #-[ 編集]
すごい!
はじめまして☆
私も『医龍1』から今回まで
欠かさず見ましたよ~
いや~ハマりましたね~
そう言えば坂口憲二ってセリフが
異様に空くないですよね(^-^;)

効果音の曲がどのように配置されてるか
解説も楽しませていただきました♪
2007/12/22(土) 20:49:22 | URL | 茜 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://butainoneiro.blog117.fc2.com/tb.php/61-0c43ff09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。