舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




仕事を続ける女優には、
「30代の壁」という障害がある。
女性の結婚適齢期にも似て、
この30代の壁をどう乗り切るかで、
その後の女優人生の方向性が見えてしまう。

仕事を始めた10代後半から20代前半は、
女優としての鮮度も新鮮で
事務所もドラマスタッフも勝手に持ち上げてくれるが、
20代後半からはもうそうはいかなくなる。

ちやほやされていた温室の時期から、突如一転して風当たりの強い環境にさらされる。

女優として生きるということは、
目に見えないバッシングをどれだけ笑顔で
やり過ごせるかにもかかっているのかもしれない。

それが男との決定的な違いだ。

松嶋菜々子も篠原涼子も、仲間由紀恵も、伊東美咲も…、
みんなこの壁にぶち当たり乗り越えようともがいている。
しかも、
下からは、長澤まさみだの、新垣結衣やら、井上真央などなど、
がんがん追随してきているし…。

いやはや大変だ。

ここにひとりの女優がいる。

米倉 涼子

1975年生まれで、只今、33才。
まさに女優人生の勝負の時期にきているひとりでもある。




1995年、20才、ファッション雑誌『CanCam』専属モデルとなり人気沸騰。
1996年、21才、ユニチカ水着キャンペーンガール、キリンビールキャンペーンガール。
1999年、24才、『CanCam』専属契約終了と同時に、女優の仕事をはじめる。

前歯の並びを矯正しまっさらに取り替え、
目頭切開をして、気合い充分で仕事に臨んできた。
もちろん、体のケアは怠らず、一時期太ったものの、
事務所やCMのクライアントからの指令と圧力も受けて、
亀田兄弟以上にストイックな節制を続けている。
-------------------------------------------------------------------

恋の神様(2000年)20歳の結婚(2000年) ラブ・レボリューション(2001年)
非婚家族(2001年) プリティガール(2002年)大河ドラマ 武蔵 MUSASHI(2003年、NHK)奥さまは魔女(2004年、TBS)松本清張 黒革の手帖(2004年、テレビ朝日)
黒革の手帖スペシャル~白い闇(2005年、テレビ朝日) 女系家族(2005年、TBS)
ハルとナツ 届かなかった手紙(2005年10月、NHK)
松本清張 けものみち(2006年、テレビ朝日)
不信のとき~ウーマン・ウォーズ~(2006年、フジテレビ)
松本清張 わるいやつら(2007年、テレビ朝日)
肩ごしの恋人(2007年、TBS)

-------------------------------------------------------------------



みなさんも、ご存じの通り、
2005年の大河ドラマ『武蔵』で共演した市川海老蔵との熱愛と破局、
その他、Gacktとのお付き合いやら、
最近では中田英寿との朝帰りなどという
どうでもいいゴシップネタも他の女優より事欠かないのが、
ある意味女優らしくていいし、ちょっとだけプロっぽい。

世の中には、
「悪女、小悪魔、魔性の女」などという呼び名がある。
最近の米倉涼子には
関わってきた作品の関係と私生活との相乗効果で「悪女」的なイメージがつきまとっている。

思うに、
「悪女」というのは、
よほどもともと欲深い欲に満ち満ちた女性ならともかく、
とりあえず普通に生きていても、その状況のいかんによって、
やむを得ずその役回りを演じてしまっている女性も多いのではないか。

「悪女」とは、「悪女」になるのではなく、「悪女」に仕立て上げられるものだ。

確かに、
米倉涼子という人の顔は、
どういうわけか無表情になった時の彼女の目が極端に暗いものを秘めているように見える。
艶やかに微笑んでいる場合はいいのだが、
その無表情の際の無限の暗さが、
これまでの悪女的な役柄を知らないうちに呼び込んできているのだろう。

とりあえず、
今までの米倉涼子にとっては、
「悪女」のイメージも必要であり、
自然だったかもしれない。



特に、テレ朝系列の「松本清張3部作」に出演したのは、
彼女にとって正解だったと思う。

「黒革の手帖」、「けものみち」、「わるいやつら」
一連の松本清張原作シリーズで、
彼女の女優としての仕事の幅が成長したのではないかと思う。

骨太の脚本と重厚な共演陣は、彼女に大きな刺激を与えたのだろう。
※ちなみにビートたけしも、この松本清張シリーズの価値を褒めたりもしている。

これによって、少なくとも、
「たかの友梨ビューティークリニック」のCMで、
Gacktと絡んでみせるような、
いわゆる自分の磨き上げられた裸だけが売りの女優ではなくなりつつある。

でも、米倉涼子にとっての「30代の壁」はどうなるのだろう?

そんな中、
1週間後の1月10日に、米倉涼子の

「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(木曜・後9時)がはじまる。

そこでのインタビューで、

「私自身もこういう現場の中にいると、
これまでの松本清張シリーズでもすごくうれしかったことなのですが、
大先輩方の中でポツンといられるんですね。
周りのレベルが高いから自分も高いところに到達しないと
すごくやるせない気持ちになって、どうしても上を目指したくなる。
それってすごく素敵な時間だと思うんですよ。
そういう時間をいただけることにとても感謝していますし、
そんな時間をみなさんに公表することで、
頑張ることの大切さやパワーを伝えられたらと思っています。」と、語っている。

米倉涼子が扮するのは
警視庁捜査一課特殊班「SIT」の交渉班主任警部補、宇佐木玲子。

交渉人として、凶悪犯に挑む刑事の役柄だ。
長かった髪もさっぱりとボブにして、気合い充分というところ。



さらに今回、個人的に楽しみにしているのは、
この米倉涼子を支える脚本家、寺田敏雄の存在である。

現在48才。
過去の作品には、
ドラマ『ジェラシー』(NTV)、『憎しみに微笑んで』(TBS)、『ラビリンス』(NTV)
『クニさんちの魔女たち』(1994 ANB)、『夢みる頃を過ぎても』(1994TBS)、
『たたかうお嫁さま』(1995 NTV)
などがある。

寺田さんは、やたらと下積み生活の長い方で、
テレビ業界の底辺で生活していた時の苦労も充分ある。
また、相当勉強しているようで、
様々なジャンルの脚本を描くだけの知識も背景にはあるようだ。
ただ、現在までの間でこれぞこの作家の脚本と言われるものがまだ出ていない。

彼もまた勝負の時をむかえているのだと思う。

したがって、
今回の「交渉人~THE NEGOTIATOR~」は、
寺田さんのオリジナル脚本であり、
脚本家としての今後を賭けて作られているのではないかと思う。

特に、最近は、フジテレビ系列の作品ばかりがドラマの視聴率の上位を占めている。
そういう意味では、この作品によって、
テレ朝がフジテレビのドラマに勝負を挑んでいるような印象を感じてしょうがない。
かつての「アンフェア」、「交渉人~真下正義」、
現在の「SP」など、すでに先行して好評を得ている作品はすべてライバルなのだろう。

そういえば、
「交渉人」での米倉涼子の立ち姿は、
どことなく「アンフェア」の篠原涼子を彷彿とさせるものがある。

今まさに、戦いを挑むかのように米倉涼子がすっくと立っている。

さて、
どこまで脚本家寺田敏雄が、
米倉涼子の新しい魅力を引き出せる状況を生み出すことができるのかが、
実に楽しみである。
このドラマに勝負を賭けている者たちの仕事の果てを観たいと思う。

スポンサーサイト
コメント

うちのカミさんが米倉涼子さん好きなんですよねー
個人的にはあまりセックスアピールを感じないので
好きな女優というわけではないのですが(判断基準が間違ってるか?)憧れちゃうんでしょうかねー・・・
2008/01/03(木) 15:57:33 | URL | zin #-[ 編集]
33
米倉って33歳だったのか?
もっと若いと思ってた。
なんか中性っぽい魅力ありますね。
2008/01/03(木) 21:14:37 | URL | たくたくろ #-[ 編集]

こんー^

私は <女系家族>を見てましたね^^

そうですね・・ニューハーフぽい感じ
確かに有りますけど・・
女優としての<華>は有ると思います~~p
2008/01/04(金) 18:12:01 | URL | tamap #-[ 編集]

米倉さん、ある時から、
いろんな意味でディープなドラマに
出演されるようになりましたね。

女性が芸能界で生き残るには
数々の苦労が付きまとうのですね…。

脚本家さんのお話も知ることが出来て
また1つ知識が増えました。
どうもありがとうございますm(_ _)m
2008/01/04(金) 22:03:12 | URL | りつ #MF8IyTP2[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://butainoneiro.blog117.fc2.com/tb.php/73-42b8d04a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。