舞台の効果音

演劇、ドラマ、映画、効果音、音効、サントラ、サウンドトラック、 プレゼン、劇、学校祭、音楽、BGM、SE、音、曲、学芸会、学園祭、発表会など ドラマについてや場面に応じた音楽などの話題を中心としたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんな曲がいい、あんなアルバムがいいなどと、書き始めたものの、
ふと気がつけば、著作権法のことがひっかかります。

 会社でのプレゼンや学校内での発表などでは、そんなに問われないけれど、発表する対象の人数や状況が公的に広範囲に広がるとどうしてもちゃんとしておかなければならない著作権についての処理。
 まとめて音楽協会へ申請すればすむものもあれば、企業もしくは個人の著作権保持者に許可をとるのは当然のことです。
 これから先ものこのサイトで紹介する曲やSE(サウンドエフェクト)の素材などについては、時と場合を考え、著作権法を犯さない形態で、楽しんでほしいと思います。


日本国著作権法における著作権には、

①複製権(著作物を何らかの方法でコピーする権利) 上演権・演奏権・上 映権(脚本・音楽・映画等の著作物を、公に上演・演奏・上映する権  利)
②公衆送信権(著作物を放送・有線放送・インターネット等で送信して、 公に伝達する権利)
③口述権(著作物を口頭で公に伝達する権利)
④展示権(著作物をそのオリジナルを使って、公に展示する権利)
⑤頒布権(映画の著作物またはそのコピーを、元のコピーを使って有償か 無償で譲ったり貸したりする権利)
⑥譲渡権・貸与権(映画以外の著作物を、オリジナルまたはコピーを有償 か無償で譲ったり貸したりすることで、公に提供する権利)
⑦翻訳権・翻案権(著作物を翻訳・編曲・映画化等する権利)
 二次的著作物の利用に関する原著作者の権利(二次的著作物に関する著 作権は、その原著作物の著作者も同一の権利を専有する)
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://butainoneiro.blog117.fc2.com/tb.php/8-a5fc0aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。